和紙素材スピーカー搭載!SANSUI 39型液晶テレビ「SCM39-B11」3月下旬発売

ドウシシャは、SANSUIブランドの39型液晶テレビ「SCM39-B11」を発表。

性能をさらに進化。

 

日本設計の品質!SANSUI「SCM39-B11」

 

SANSUI「SCM39-B11」概要・スペック・価格

  • SANSUIブランドから発売する39型液晶テレビ。
  • 3月下旬発売。
  • 東芝映像ソリューション開発のメインボードを使用。
    製品の評価や品質管理、生産時の工程管理については福井県越前市に拠点を置く品質管理専門チームで実施し「日本設計」の製品に。

スペック

  • SD信号を精細に表現する超解像技術“美・彩・細エンジン”を搭載。
  • パネルから出るブルーライトを低減するブルーライトガード機能を搭載。
  • 独自開発の和紙素材を使用したW-RPMスピーカーを採用。
  • 別売りの外付けUSBハードディスクにより番組録画が可能。
  • テレビ番組を録画する際に、CM開始、終了を自動検出しチャプターマークを設定する“自動チャプター”機能を搭載。
    また、音楽番組等でアーティストの歌い出しを検出しチャプターマークを自動設定することも可能。
  • 超解像処理レベルを自動調整するピクチャーエンハンサー機能、週間番組表機能などを新機能として搭載。
  • サイズ:幅888 高さ575 奥行210mm
  • 重量: 8.7kg

SANSUI「SCM39-B11」価格

  • オープン

公式サイト:SANSUI 液晶テレビ

 

ファンの多いオーディオ機器を手がけているSANSUI。

新型テレビとして発表された39型の「SCM39-B11」は、メインボードに東芝映像ソリューションが開発したものを採用。

生産のクオリティ管理を福井県越前市で実施し日本品質の製品に。

スピーカーには、オーディオブランドらしく独自開発の和紙素材を使用したW-RPMスピーカーを搭載している。

 

そのほか、別売りの外付けUSBハードディスクによって対応する番組録画には、CMや音楽番組の歌い出しを検出する「自動チャプター」機能を搭載。

人気機能になっているブルーライトガードも搭載しているので、TVをもっと楽しめる製品だね。

あわせて読みたい