6基のBAドライバーで立体感のある音に!Audioflyイヤホン「AF1120」3月25日発売

ローランドは、輸入・販売を行うAudiofly社のインイヤーイヤホンの新モデル「AF1120」の販売を発表。

新鋭ブランドのフラッグシップ。

 

独自開発ケーブルも採用!Audiofly「AF1120」

Audiofly「AF1120」概要・スペック・価格

  • Audioflyブランドのユニバーサルイヤホンの新モデル。
  • バランスド・アーマチュア6ドライバを搭載。
  • 3月25日発売。

スペック

  • 片側にBAユニットを低域×2、中域×2、高域×2の計6ドライバを搭載した3ウェイタイプに。
  • クロスオーバー回路に独自のフィルタリング方式を採用。立体的で奥行きのある自然な音の広がりを実現。
  • 独自に開発した「AudioflexSL TwistCable」を採用。
    ツイスト状で外部の電磁波ノイズの混入やタッチノイズを抑え、動きの激しい演奏時でもクリアな音を再生。
  • 耳掛け用硬質イヤーフックを採用。
    登山用ロープに使用される「Cordura」(コーデュラ)を編み込み、柔軟性と耐久性を両立。
  • 周波数特性:15Hz~25kHz
  • 入力感度:108dB
  • インピーダンス:18Ω
  • シリコン製ノイズアイソレーションイヤーピース3種類、Complyイヤーピース3種類、航空機用変換プラグ、分配プラグ、キャリーケースが付属。

Audiofly「AF1120」価格

  • オープン。店頭予想価格は72,000円前後。

公式サイト:Roland – AF1120 | In-Ear Monitors

 

2010年にオーストラリアで設立されたAudiofly。

その新モデルとなる「AF1120」は、バランスド・アーマチュアドライバを片側6基搭載したフラッグシップモデルとして製作。

奥行きのある音を実現するため、クロスオーバー回路に独自のフィルタリング方式を採用。

カナル型で気になるタッチノイズなどを抑える、独自開発の「AudioflexSL TwistCable」を採用し、動きが激しい場面でもクリアな音に。

耐久性も高めた耳掛け用硬質イヤーフックも装備している。

メーカーの最上級モデルとして忠実な音を再生する新モデル。

注目の1台だね。

あわせて読みたい