ワコムの筆圧感知!サードウェーブデジノス タブレット「raytrektab DG-D08IWP」今春発売

サードウェーブデジノスは、Windows 10搭載のタブレット「raytrektab(レイトレックタブ)DG-D08IWP」を発表。

自然に書けるWindowsタブ!

 

デジタルペン付属!「raytrektab DG-D08IWP」

 

サードウェーブデジノス「raytrektab DG-D08IWP」概要・スペック・価格

  • Windows 10、ワコムのデジタルペン技術「feel IT technologies」を搭載した8インチタブレット。
  • 今春発売。

スペック

  • 4096階調の筆圧感知ペンが付属し、紙に描くような書き心地を実現。
  • ペン先は標準の芯のほか、フェルト素材とエストラマー素材の芯を用意し好みによって使い分けが可能。
  • OS:Windows 10 Home
  • CPU:インテル クアッドコア Atom x5-Z8350
  • メモリ:4GB
  • ストレージ:64GB
  • microSDXCスロット、給電兼用のmicroUSBポート1基を搭載。
  • イン、アウトに200万画素のカメラを装備。
  • Wi-Fi(IEEE802.11a/b/g/n/ac)、Bluetooth 4.0、microHDMI出力、加速度センサー、GPSに対応。

サードウェーブデジノス「raytrektab DG-D08IWP」価格

  • 4万9800円

公式サイト:raytrektab DG-D08IWP

 

PCのように幅広いアプリケーションに対応することから人気になっているWindowsタブレット。

サードウェーブデジノスの新モデル「raytrektab DG-D08IWP」ではそこに、クリエイターがイラストなどを製作するときに使用し大人気のワコムのデジタルペン技術を搭載。

4096階調の繊細さで筆圧を感知し、思い描いたとおりの自然な書き心地に。

ワコムのデジタルペンでもラインナップされている、素材を変更したペン先も用意した。

 

Windowsを搭載することでPCとの連携もしやすいタブレット。

便利な1台だね。

あわせて読みたい