デザインも選べる多機能ドライブレコーダー!TCL「SmartReco WHSR-510」4月5日発売

TCLは、ドライブレコーダー「スマートレコ」の新モデル「WHSR-510」を発表。

満足の性能にスタイルも。

 

カラーセレクトで好みのデザイン!「スマートレコ WHSR-510」

TCL「WHSR-510」概要・スペック・価格

  • 駐車監視モード、衝撃を感知するGセンサーなどを搭載する多機能ドライブレコーダー。
  • 4月5日発売。
  • 本体カラーを黒と白から選ぶことができるほか、全10種類のパネルからカラーセレクトが可能。

スペック

  • 前方をフルHD画質、後方をHD画質で同時録画。
  • 暗い箇所を明るく補正する「ナイトビジョン」を搭載。
  • 動きや衝撃を感知して自動的に録画を開始する駐車監視モード搭載。
  • 駐車監視時のバッテリー上がりを防ぐ電源自動遮断機能を装備。
  • 最大64GBのmicroSDカード対応。
  • 2.4インチ(320×240)タッチパネル液晶を搭載。
    その場で映像を確認でき、本体の環境設定もタッチパネルを使って行うことが可能。
  • 本体2年保証(microSDカードなど消耗品は除く)。
  • オプションのGPSモジュールに対応。日時・緯度・経度を正確に記録。みちびきにも対応。
  • LED信号機の消灯現象を防ぐ設計。
  • 16GB microSDカード付属。

スマートレコ WHSR-510 価格

  • 本体:32,184円
  • 専用後方カメラ:16,200円
  • みちびき対応GPSモジュール:7,020円
  • カラーセレクト:2,200円

公式サイト:スマートレコ WHSR-510

 

2011年からドライブレコーダー「スマートレコ」シリーズを展開しているTCL。

新モデルとなる「WHSR-510」では、クルマの雰囲気や好みにあわせて10種類からデザインを選択できる「カラーセレクト」に対応。

白と黒から選ぶことができるボディとあわせて、20種のデザインをラインナップ。

機能も充実し、前方はフルHD、後方はHD画質での同時録画に対応。

駐車監視モードを備えるほか、オプションのGPSモジュールをあわせることで日時と位置情報を正確に記録。確認することも可能になっている。

機能にプラスし、デザインを楽しむドライブレコーダー。

外からも見える場所に設置する機器なので、嬉しいラインナップだね。

あわせて読みたい