アルカンターラをクッションに!マイクロソフト「Surface Ergonomic Keyboard」発売

日本マイクロソフトは、新しいワイヤレス・エルゴノミック・キーボード「Surface Ergonomic Keyboard」を発売。

手に優しく。

 

質感も高い独自形状のキーボード!「Surface Ergonomic Keyboard」

マイクロソフト「Surface Ergonomic Keyboard」概要・価格

  • 人間工学を考慮して自然な手首の角度になるアーチ状の立体形状や2つに別れたスペースバーを採用したキーボード。
  • クッションとしてアルカンターラ生地を採用し、手首への負担を軽減。
  • インターフェースはBluetooth 4.0 LE、Windows 10やHID対応デバイスに対応。
  • 電源は単3アルカリ電池×2本で最大12カ月利用可能。
  • サイズは幅460.14×奥行き229.22×高さ34.73mm。
  • 重量:約1012g

マイクロソフト「Surface Ergonomic Keyboard」価格

  • 1万6178円

公式サイト:Microsoft 無線エルゴノミクス キーボード

 

PCを使用する環境にこだわりを持つマイクロソフトが、これまでにも発表してきた体に優しいエルゴノミック製品。

新モデルの「Surface Ergonomic Keyboard」では、手をひねらず、自然に置くことができる形状とすることで、疲労を抑え、タイプミスも軽減。

手を置くリストクッションには、高級生地として知られ、自動車のインテリアなどに採用されることが多いアルカンターラを使用。

質感も高めている。

電池2本で最大1年駆動する使いやすさももつ新モデル。

PCの使用時間が長い人におすすめのモデルだね。

あわせて読みたい