ドライブをパイオニアと共同開発!シャープ UHD Blu-ray対応レコーダ「AQUOSブルーレイ」3月24日発売

シャープは、Ultra HD Blu-rayの再生に対応したBDレコーダ「AQUOSブルーレイ」を発表。

4K TVのためのレコーダ!

 

新エンジンでレスポンスもアップ!シャープ「AQUOSブルーレイ」

シャープ Ultra HD Blu-ray対応「AQUOSブルーレイ」概要・スペック・価格

  • シャープ製品で初めて4K/HDR対応の「Ultra HD Blu-ray」再生に対応したBDレコーダ。
  • 3月24日発売。
  • トリプルチューナを搭載し、HDD容量3TBの「BD-UT3100」、2TBの「BD-UT2100」、1TBの「BD-UT1100」をラインナップ。

スペック

  • 新開発のBDドライブ映像エンジン「4KマスターエンジンBD-PRO」を搭載。
    UHD BD再生に対応し、番組表の高精細化や地デジ/BSのシームレスな番組表表示、操作レスポンスを高速化。
  • BDドライブは、パイオニアと共同で開発し、ピーク時毎分5,000回転にまで上がるUHD BDに対応するため、防振スタビライザーを搭載。
    振動や風切り音を抑えるほか、防塵性も高めた。
  • UHD BD/BD/DVD/CDの再生に対応し、録画番組のBD-R/REへのダビングが可能。
    (UHD BDは録画規格自体がないため、ダビングは不可。)
  • 地上/BS/110度CSデジタルチューナを3系統装備。
  • 新プラットフォームの採用により、ユーザーインターフェイスを4K化。
    番組表も業界初の4K解像度「4Kビジュアル番組表」とし、細かな文字も高精細に表示。

シャープ Ultra HD Blu-ray対応「AQUOSブルーレイ」価格

  • オープン。店頭予想価格は、
    3TB「BD-UT3100」:12万円前後
    2TB「BD-UT2100」:10万円前後
    1TB「BD-UT1100」:9万円前後

公式サイト:AQUOSブルーレイ:シャープ

 

4Kテレビの販売も手がけているシャープ。

その性能を活かすためのレコーダとして発表された新型「AQUOSブルーレイ」は、4K映像に対応するUltra HD Blu-rayの再生に対応。

読み込みに使用するドライブは、Ultra HD Blu-rayドライブを製造し販売もしているパイオニアと共同開発することで、振動や騒音を少なく。

新型の映像処理エンジンにより、4K映像に対応するだけではなく、都度の処理にかかる時間を短縮。

番組表などまで、4Kの高画質に対応した見やすいものになっている。

価格をこれまでのトリプルチューナ内蔵モデルと同等にし、抵抗なく選べる新型レコーダ。

新しいTVの購入と一緒に、という人も多くなるモデルだね。

あわせて読みたい