「究極のディスクトランスポート」に!PS Audio「DirectStream Memory Player」3月30日発売

完実電気は、アメリカPS Audioのマルチメディア・ディスク・トランスポート「DirectStream Memory Player」の販売を発表。

ほとんどのディスクに対応。

 

「PerfectWave Transport」後継機!「DirectStream Memory Player」

PS Audio「DirectStream Memory Player」概要・スペック・価格

  • SACD、DVDオーディオなどの再生に対応、USBメモリなどから音楽ファイル再生も可能なトランスポート。
  • 「究極のディスクトランスポート」をテーマに開発し、音楽CD、CD-R/RW、SACD、DVDオーディオ、CD-R/RW、DVD±R/RWなどの再生も可能。

スペック

  • DACは搭載せず、出力はI2S×3(フロント、リア、センター/サブウーファ)、同軸デジタル×3(フロント、リア、センター/サブウーファ)、XLRバランス×1(フロント)を用意。
  • I2Sと同軸デジタルは、192kHzまで、DSD 2.8MHzまでサポート。
  • I2Sでは、PSAudioのDACと接続した場合に限り、SACDからDSD信号をストリーム出力可能。
  • フロントパネルにUSB端子を備え、USBメモリなどに保存した音楽ファイルの再生も可能。
    フォーマットはAAC、FLAC、OGG、Apple Lossless、M4A、OGM、AVI、M4V、WAV、DFF、MP3、WMA、DSF、MP4に対応。
  • PerfectWave Transportで採用した「Digital Lens」を改善したものを搭載。
    FPGAとRAMを、ジッタやノイズ、時間軸上のゆらぎ、ディスクドライブから派生するエラーなどから解放するという技術で進化。
  • 外形寸法:435×355×95mm(幅×奥行き×高さ)
  • 重量:11.5kg
  • カラーはシルバーとブラックをラインナップ。

PS Audio「DirectStream Memory Player」価格

  • 75万円

公式サイト:DirectStream Memory Player | KANJITSU DENKI CO.,LTD.

 

2009年に登場した「PerfectWave Transport」の後継機として発表された、PS Audio「DirectStream Memory Player」。

新モデルは、CDのほか、SACD、DVDオーディオ、HRxといった、オーディオディスクのほとんどの再生に対応。

別途D/Aコンバーターと組み合わせて利用し、PS Audio製D/AコンバーターとI2Sで接続した場合、SACDのDSD信号のビットストリーム出力が可能に。

ドライバーメカ、ディスプレイ、出力段それぞれに独立して電源を供給し、新開発のトロイダルトランスは巻線まで別にするなど、それぞれを完全に独立することで干渉を防いだ。

フロントパネルには大型ディスプレイも搭載。再生している楽曲やアルバムの情報を取得・表示可能に。

ソフトウェアのアップデートも、ディスプレイを見ながら確認できる。

同社が「究極のディスクトランスポート」とするのにかかる期待にこたえたモデルだね。

あわせて読みたい