サブウーファをソファ下に。ソニー新型サウンドバー「HT-MT500」「HT-MT300」3月11日発売

ソニーは、新型サウンドバー「HT-MT500」と「HT-MT300」を発表。

自由な設置スタイルで。

 

選びやすい3万円台もラインナップ!ソニー「HT-MT500」「HT-MT300」

ソニー「HT-MT500」「HT-MT300」概要・スペック・価格

  • スリム&コンパクトな新サウンドバーの新モデル。
  • 3月11日発売。
  • HDMIを備えた上位モデル「HT-MT500」と、光デジタル音声入力の「HT-MT300」をラインナップ。
  • サブウーファはワイヤレス接続とし自由な設置が可能。

「HT-MT500」スペック

  • HDMI出力、Ethernet、無線LAN、Bluetoothレシーバを装備し、ネットワーク経由でハイレゾ再生が可能。
  • サウンドバーの出力30W×2ch、サブウーファ出力85Wの総合145W出力。
  • サウンドバーに、高磁力ネオジウムマグネットと発泡マイカ振動板を採用した、アコースティックサスペンション型のハイレゾ対応フルレンジユニットを搭載。
  • サブウーファは強度の高いMDF材と160mmの大型ユニットの採用により重低音を再生。

「HT-MT300」スペック

  • サウンドバーに40mm×100mmのアコースティックサスペンション型フルレンジユニットを搭載。
  • サブウーファ部はバスレフ方式を採用。ユニットは120mm。
  • カラーはブラックとホワイトの2色をラインナップ。

ソニー「HT-MT500」「HT-MT300」価格

  • いずれもオープン。店頭予想価格は、
    HT-MT500:7万円前後
    HT-MT300:33,000円前後

▽公式サイト

HT-MT500 | ソニー
HT-MT300 | ソニー

 

大画面TVにあわせ、迫力の映像を楽しみたい人に人気になっているソニーのサウンドバー。

新モデルの「HT-MT500」と「HT-MT300」は、薄型のサブウーファーをワイヤレス接続にすることで、ソファの下などへの設置が可能に。

スペースを節約しながらも、迫力のサウンドを近くで感じられるモデルになっている。

スペックの違う2モデルを用意し、量販モデルになる「HT-MT300」は3万円台前半と購入しやすい価格設定。

設置した状況が想像できる人も多そうなモデルだね。

あわせて読みたい