4K、Bluetooth接続対応2.1chホームシアターシステム!JBL「CINEMA SB450」3月3日発売

ハーマンインターナショナルはオーディオブランド「JBL」から、2.1chホームシアターシステム「CINEMA SB450」を発表。

最新環境に対応!

 

設置場所に困らないホームシアターシステム!JBL「CINEMA SB450」

JBL「CINEMA SB450」概要・スペック・価格

  • パワフルで臨場感あるサウンドを楽しめる「CINEMA」シリーズの最新2.1chホームシアターモデル。
  • 3月3日より発売。
  • 4K Ultra-HDパススルーに対応し、BDプレーヤーなどからSB450を介してTVへ接続する場合にも最上位フォーマットのまま入力・再生が可能。
  • 最大出力440Wのパワーでドライブし、TVや映画だけでなく、音楽やゲームなど幅広いシーンで活躍するモデルに。
  • Bluetoothにも対応し、リビングオーディオとしても利用可能。
  • コンパクトなサブウーファーはサウンドバーとワイヤレス接続とし、好みの場所にセッティングが可能。

スペック

  • 使用ユニット
    サウンドバー:58mm径ミッドレンジドライバー×4、32mm径ツイーター×2
    サブウーファー:200mm径ウーファードライバー×1
  • 最大出力:総合440W
  • 音声入力:HDMI(ARC)×1、HDMI×3、Bluetooth×1、光デジタル×1、アナログ×1
  • 周波数特性:40Hz – 20kHz
  • Bluetooth:バージョン:Bluetooth3.0
  • サイズ
    サウンドバー:1100×97×76mm
    サブウーファー:320×355.5×320(mm
  • 重量
    サウンドバー:3.4kg
    サブウーファー:9.5kg
  • 付属品
    光デジタルケーブル(1.5m)×1、HDMIケーブル(1.0m)×1、リモコン×1、壁掛用取付金具×1、電源ケーブル×2(各1.5m、サウンドバー、サブウーファー)

JBL「CINEMA SB450」価格

  • オープン。公式通販サイト販売価格は59,880円

公式サイト:CINEMA SB450 | JBL by HARMAN

 

人気になっている高解像度映像にあわせ使用する人が多いホームシアターシステム。

JBLの新モデル「CINEMA SB450」は、4K Ultra-HDの入出力に対応し、ディスプレイまで最高の画質を届けられるように。

サイズがあることで設置場所に困ることがあるサブウーファーはワイヤレス接続にし、使用する場所にあわせて最高の音質が楽しめるようになっている。

その他、スマートフォンなどを接続することでBluetoothスピーカーとしても機能。

リビングで気持ちいい音を聴くために、魅力的なモデルだね。

あわせて読みたい