日本専用開発「エコタンク」フラッグシップ!エプソン複合プリンター「EW-M770T」3月2日発売

セイコーエプソンは、複合プリンターの新モデル「EW-M770T」を発表。

小さく、使い勝手をアップ!

 

インクの入れ間違いも防止!セイコーエプソン「EW-M770T」

セイコーエプソン「EW-M770T」概要・スペック・価格

  • エコタンク搭載モデルのフラッグシップ機。
  • 3月2日発売。
  • これまで販売していたエコタンク搭載モデルとは違い、日本オリジナル設計を採用。

スペック

  • カラーごとにインク注入口の形状を変更し、インクの注入間違いを防止。
  • 前方からインクタンクを引き出せるように変更。
    前面に給紙トレー、操作パネルもまとめ、フロントアクセスで使用することが可能。
  • 印字ヘッドケーブルを下側に変更し、ボディーの横幅を縮小。
    従来機から設置面積を18%削減。
  • 自動両面印刷、ディスクレーベル印刷に対応。
  • 有線、無線LANに対応し、Wi-Fi Direct接続も装備。

セイコーエプソン「EW-M770T」価格

  • 予想実売価格は6万円台後半。

公式サイト:EW-M770T|エプソン

 

インクカートリッジを使わず、本体のタンクにインクを補充することで印刷コストを下げるセイコーエプソンの「エコタンク」モデル。

新しいフラッグシップとして発表された「EW-M770T」は、これまで導入していた海外仕様ではなく、日本向けに新設計。

インクの注入口を変更することでインクの入れ間違いを防ぎ、タンクも前から引き出せるように。

内部設計を見直すことで、設置するときに必要なサイズも小さくなっている。

細かな改善で使いやすくなったエコタンクプリンター。

プリンターをよく使う人ほど嬉しい、魅力的なフラッグシップモデルだね。

あわせて読みたい