心拍計精度向上、デザインもUP!GPSスマートウォッチGarmin「fenix5」3月27日発売

fenix5x Sapphire

ガーミンジャパンは、GPSスマートウォッチ「fenix(フェニックス)」シリーズの最新モデル、「fenix5」シリーズを発表。

女性も使いやすく!

 

小型化で快適なつけ心地に!Garmin「fenix 5S」「fenix 5」「fenix 5X」

fenix5 Sapphire

Garmin「fenix 5」シリーズ 概要・スペック・価格

  • GPSスマートウォッチ「fenix」シリーズの最新モデル。
  • 全3型4色を3月27日から販売。
  • 文字盤の直径が42ミリとスリムな「fenix 5s」、Wi-Fiにも対応可能な「fenix5」、地図が内蔵されている「fenix 5x」をラインナップ。

スペック

  • ベルトにQuickFitと呼ばれる着脱の容易な仕様を採用。ワンタッチで交換できるスマートさを追求。
  • 「fenix 5s」は、文字盤のサイズを一回り小さくすることで、女性がより使いやすく。
  • 光学式心拍計「Elevate2」を新搭載。低温下や皮膚の状態に左右されずらくなり、従来製品に比べ30%精度を向上。
    センサーの突起部を薄くすることで装着感がアップ。
  • 新しいUIを採用しディスプレイの視認性をアップ。アクティビティのデータに基づき周回コースを自動的に生成するウィジェットも搭載。
  • 「fenix 5x」は、登山地形図と詳細道路地図がプリインストール。文字盤上でユーザーをナビゲート。

Garmin「fenix 5」シリーズ 価格

  • 64,800円~99,800円

公式サイト:fēnix | Garmin

 

アウトドアでも頼れるGPS搭載のスマートウォッチGarmin「fenix」。

今回、その新シリーズで、今年のCESで先行公開されていたGarmin「fenix 5」の日本導入が決定。

シリーズは、ベーシックでWi-Fiにも対応する「fenix 5」のほか、文字盤が小さいことで女性でもつけやすい「fenix 5s」、地図が搭載されていることでより本格的なアクティビティに使用しやすい「fenix 5x」をラインナップ。

fenix5s

ベルトは着脱がスマートな「QuickFit」を採用。

光学式の心拍計は「Elevate2」に新しくなり、気温や皮膚に影響されにくく精度が30%アップし、突起部が薄くなったことでつけたあとも残りにくく。

ユーザーが期待していた要素が詰め込まれた進化型になったね。

あわせて読みたい