ソニー、重低音「EXTRABASS」4モデル、スポーツ用2モデル一気発表!ヘッドホン、イヤホン3月11日発売

ソニーが、重低音再生にこだわった「EXTRA BASS」シリーズのワイヤレス/有線ヘッドフォン、カナル型イヤホンと、スポーツ用のイヤホンを発表。

気持ちのいいサウンドをいつでも!

 

「EXTRABASS」ヘッドフォンのフラッグシップ!ソニー「MDR-XB950N1」

ソニー「MDR-XB950N1」概要・スペック・価格

  • 「EXTRABASS」ヘッドフォンの最上位モデル。
  • Bluetoothに対応し、ノイズキャンセリング機能装備。

スペック

  • 2014年に発売した「MDR-XB950BT」をベースに、新たにノイズキャンセリング機能を搭載。
  • 3月上旬より提供予定のiOS/Android用アプリ「Sony | Headphones Connect」と連携。
    サラウンド効果、低域の量感調整を行うことができ、ヘッドフォンが設定を記憶。
  • カラーは「ブラック」と「グリーン」の2色をラインナップ。

ソニー「MDR-XB950N1」価格

  • オープン。店頭予想価格は27,000円前後。

公式サイト:MDR-XB950N1 | ソニー

 

重低音が響く味付けが人気のソニー「EXTRA BASS」。

フラッグシップの「MDR-XB950N1」は、ワイヤレスでノイズキャンセリング機能を搭載。

スマートフォンとあわせ音質を変更することも可能に。

ターゲットとする若い世代に人気にあるアースカラーのグリーンもラインナップしている。

 

最大30時間連続再生!ソニー「MDR-XB650BT」

ソニー「MDR-XB650BT」概要・スペック・価格

  • 30mm径ダイナミック型ユニットを搭載したオンイヤー密閉型ヘッドフォン。

スペック

  • 重低音の量感を強化する「ベース・ブースター」設計を採用。
  • ハウジング部ダクト、気密性の高いイヤーパッドで低域再生能力をアップ。
  • NFCに対応し、対応するスマートフォンとワンタッチでBluetoothペアリングが可能。
  • 高音質コーデックのAAC/aptXをサポート。
  • 内蔵バッテリは4時間の充電で約30時間のワイヤレス再生が可能。
  • 折り畳み、収納することも可能。
  • カラーはブラック、ブルー、レッドの3色をラインナップ。

ソニー「MDR-XB650BT」価格

  • オープン。店頭予想価格は17,000円前後。

公式サイト:MDR-XB650BT | ソニー

 

「MDR-XB650BT」の特徴は、30時間と長いワイヤレス再生時間。

一日中持ち歩いて使っても、安心のバッテリー容量に設定。

高音質のコーデックもサポートしながら、「MDR-XB950N1」より1万円ほど安くなる価格も魅力的だね。

 

有線接続のヘッドホン。ソニー「MDR-XB550AP」

ソニー「MDR-XB550AP」概要・スペック・価格

  • 有線接続の30mm径オンイヤー密閉型ヘッドフォン。

スペック

  • 2014年発売の「MDR-XB450」の後継モデル。
  • 重低音の量感を強化する「ベース・ブースター」設計を採用し低域再生能力をアップ。
  • ケーブルにスマートフォン用リモコンマイクを装備。
  • カラーはグリーン、ブラック、グレイッシュホワイト、ブルー、レッドの5色をラインナップ。

ソニー「MDR-XB550AP」価格

  • オープン。店頭予想価格は6,000円前後。

公式サイト:MDR-XB550AP | ソニー

 

「MDR-XB650BT」と同等の30mmドライバを搭載し、有線接続の「MDR-XB550AP」。

スマートフォンを操作するリモコンも装備し、価格は6000円までディスカウントされている。

 

スポーツにも使える防水モデル!ソニー「MDR-XB510AS」

ソニー「MDR-XB510AS」概要・スペック・価格

  • IPX5/7相当の防水性能を備え、スポーツ利用でも重低音再生が楽しめる有線イヤフォン。

スペック

  • 2014年発売の「MDR-XB70」の後継モデル。
  • 12mmドライバ搭載。
  • ケーブルにスマートフォン用リモコンマイクを搭載。
  • 本体形状をエルゴノミックデザインに変更することで装着感を向上。
    3サイズのアークサポーターを付属。
  • カラーはブラック、レッド、ブルー、グリーンの4色をラインナップ。

ソニー「MDR-XB510AS」価格

  • オープン。店頭予想価格は6,000円前後。

公式サイト:MDR-XB510AS | ソニー

 

「EXTRA BASS」の重低音をスポーツでも楽しみたい人に向け、IPX5/7相当の防水と高いフィット感を確保した「MDR-XB510AS」。

低音のきいた軽量なイヤホンが欲しい人にも魅力的なモデルだね。

 

耳にかけてしっかり装着!ソニー「MDR-AS410AP」「MDR-AS210」

MDR-AS410AP

MDR-AS210

ソニー「MDR-AS410AP」「MDR-AS210」概要・スペック・価格

  • 汗にも強い防滴仕様、スポーツに使いやすい耳かけスタイルの2モデル。

「MDR-AS410AP」スペック

  • 耳のサイズに合わせて調整できる「アジャスタブルイヤーループ」、絡みにくいセレーションコードを採用。
  • ケーブルにスマートフォン用リモコンマイクを搭載。
  • 9mm径ダイナミック型ドライバを搭載。
  • ケーブルはY型で長さ1.2m。
  • カラーはホワイト、ブラック、イエロー、ピンク、ブルーの5色をラインナップ。

「MDR-AS210」スペック

  • 耳掛け部分にループハンガーを装備。
  • 13.5mm径ユニットを搭載。
  • ケーブルはY型で長さ1.2m。
  • カラーはブラック、ピンク、ブルーの3色をラインナップ。

ソニー「MDR-AS410AP」「MDR-AS210」価格

  • オープン。店頭予想価格は
    「MDR-AS410AP」:4,000円前後。
    「MDR-AS210」:2,000円前後。

▽公式サイト

MDR-AS410AP | ソニー
MDR-AS210 | ソニー

 

「EXTRA BASS」シリーズではないものの、人気になっているスポーツでの使用に特化した形状の「MDR-AS410AP」「MDR-AS210」。

どちらも耳全体でしっかりホールド。

外れるのが気になる人は選んで間違いなしのモデルだね。

あわせて読みたい