Raspberry PiでノートPCを自作!RSコンポーネンツ「pi-top」発売

RSコンポーネンツは、ボードコンピュータ「Raspberry Pi」をノートPCにする「pi-top」を発売。

いじるのを楽しむノートPC。

 

10時間駆動する13.3型液晶Raspberry PiノートPC「pi-top」

RSコンポーネンツ「pi-top」概要・スペック・価格

  • ボードコンピュータのRaspberry Piを組み込んで作成するノートPC。
  • Raspberry Pi 2と3に対応し、はんだごてを使わずに作成することが可能。
  • カラーはグリーンとグレーの2色をラインナップ。
  • Raspberry Pi本体は別売り。

スペック

  • ディスプレイ:1,366×768ドット 13.3型液晶 eDPインターフェイス
  • バッテリ持続時間:10時間以上
  • 2線式SMBus V2.0インターフェイス
  • キーボード、トラックパッド
  • アクリル製スライス
  • 組み立てマニュアル
  • キットコンポーネントガイド
  • 付属する8GB microSDカードには、専用「pi-top OS」プリインストール。
    Wi-Fiやバッテリのチェックなどが簡単に可能。

RSコンポーネンツ「pi-top」価格

  • 36,288円

公式サイト:Pi-Top | RS Components

 

5千円ほどの低価格で、さまざまな処理を担当させられることから人気のボードコンピュータ「Raspberry Pi」。

RSコンポーネンツが新発売する「pi-top」は、Raspberry Piに処理を任せることで、自作できるようにしたノートPC。

製品は、13.3型液晶のほか、キーボード、トラックパッドとノートPCの基本装備をおさえ、専用「pi-top OS」で手軽に管理が可能。

組み立てマニュアルも付属するので、Raspberry Piが気になっていた人やもっと楽しみたい人が惹かれるモデルに。

大人の電子ホビーとして選んでみたい製品だね。

あわせて読みたい