ワンタッチでスロー、2倍録画に!キヤノン「iVIS HF R82」「iVIS HF R800」2月23日発売

キヤノンは、ビデオカメラの新モデル「iVIS HF R82」と「iVIS HF R800」を発表。

目をひく映像がもっと簡単に!

 

撮影から楽しむビデオカメラ キヤノン「iVIS HF R82」「iVIS HF R800」

キヤノン「iVIS HF R82」「iVIS HF R800」概要・スペック・価格

  • 撮影中スローモーションやファストモーションへの切り替えが可能な機能を搭載したHDビデオカメラ。
  • 2月23日からキヤノンオンラインショップで販売。

スペック

  • 2016年2月に発売したビデオカメラ「iVIS HF R72」と「iVIS HF R700」の後継機種。
  • 撮影中、任意のタイミングで特定の部分を1/2倍速や2倍速にワンタッチの操作で切り替えることが可能な「区間スロー&ファスト」機能を搭載。
  • 光学32倍ズームレンズとの組み合わせにより、最大57倍まで高い解像感でズーム撮影が可能な「アドバンストズーム」を搭載。
  • 5軸方向(回転軸・水平回転軸・縦回転軸・上下・左右)の手ブレを補正する「ダイナミックモード」を搭載し、歩きながらの撮影でも揺れやゆがみを軽減。
  • 雲の立体感、水の透明感などの質感を向上させる「高輝度優先」モードの新機能として、逆光で被写体に黒つぶれが発生しがちな場面で、カメラが自動で明るさを補正。
  • R82に、無線LAN機能を搭載。

キヤノン「iVIS HF R82」「iVIS HF R800」価格

  • iVIS HF R82:4万5,880円
  • iVIS HF R800:2万7,760円

▼公式サイト
キヤノン iVIS HF R82
キヤノン iVIS HF R800

 

光学32倍のズームレンズ、5軸手ブレ補正を搭載し、綺麗な映像を確実に撮ることができるキヤノンの新モデル「iVIS HF R82」「iVIS HF R800」。

一番の特徴は、新機能「区間スロー&ファスト」の採用。

前モデルで対応していたスローモーションやファストモーション撮影と、再生時のファストモーション変換に加え、新型ではスローや倍速撮影への切り替えがワンタッチで可能に。

撮影中、印象的に見せたいと感じた瞬間だけを、簡単な操作でスローなどに変更。

撮っている人のテクニックもみせられる映像をつくることができる。

撮影でいろいろ試しながら、遊んでみたくなるモデルだね。

あわせて読みたい