MOBA/MMO特化型ゲーミングマウス!CORSAIR Gaming「SCIMITAR PRO RGB」2月18日発売

リンクスインターナショナルは、CORSAIRのゲーミングマウス「SCIMITAR PRO RGB」の販売を発表。

ゲームを快適にする機能を満載!

 

PIXART社製オプティカルセンサー搭載!CORSAIR「SCIMITAR PRO RGB」

CORSAIR Gaming「SCIMITAR PRO RGB」概要・スペック・価格

  • PIXART社の超高精度PMW3367オプティカルセンサー搭載、最大解像度16,000dpiのMOBA/MMO特化型ゲーミングマウス。
  • 2月18日より、全国の家電量販店や専門店にて発売。

スペック

  • 1dpiから1dpi刻みでX軸、Y軸の独立調整可能なPIXART社製の超高精度PMW3367オプティカルセンサーを搭載。
  • マクロ制御に最適な12個のメカニカルサイドボタン、前後8mmの範囲でサイドボタンの位置調整が可能なKey Slider機能を装備。
  • ドライバソフト「Corsair Utility Engine(CUE)」により、約1680万色のLEDバックライトカラー設定が可能。
  • 「マウスパッドチューニング」により、使用するマウスパッドの表面をスキャンし、センサーの状態を自動的に最適化。
  • マウスリフト検知はマウスを持ち上げる高さによりセンサーのトラッキングを停止。
  • アングルスナップ機能は、マウスセンサーの動きに対してより直線的な軌跡を描けるように自動的に補正する。
  • ポートレートはCUEによって4段階(1000Hz/500Hz/250Hz/125Hz)で切り替えが可能。
  • 高度なマクロ機能などにも対応。
  • カラーはイエローとブラックの2色を用意。

CORSAIR Gaming「SCIMITAR PRO RGB」価格

  • 14,770円(税込)

公式サイト:SCIMITAR PRO RGB

 

ゲーミングデバイスでファンが多いCORSAIR。

新ゲーミングマウスとして発表された「SCIMITAR PRO RGB」は、MOBA、MMOに特化した性能を持つモデルとして開発。

光学センサーには1dpi刻みでX軸、Y軸の独立調整可能なPIXART社製を採用。

マクロやキーを登録できる12個のメカニカルサイドボタンは、前後8mmの範囲で移動することができ、手のサイズにあわせて使うことが可能。

その他、さまざまなマウスパッドにセンサーを自動的にチューニング。

マウスリフト検知や、直線的に線を描くアングルスナップ機能で、素早く快適な操作が可能に。

価格はゲーミングマウスでも上位の設定になっているが、MOBA、MMOをプレイする人なら選びたいモデルだ。

あわせて読みたい