下り最大612Mbps対応!ソフトバンクモバイルWi-Fiルーター「Pocket WiFi 601HW」3月中旬発売

ソフトバンクは、ファーウェイ製のモバイルWi-Fiルーター「Pocket WiFi 601HW」の販売を発表。

超高速環境を持ち出す!

 

高速通信技術をサポート!ソフトバンク ファーウェイ製「Pocket WiFi 601HW」

ソフトバンク「Pocket WiFi 601HW」概要・スペック・価格

  • キャリアアグリゲーション、4×4 MIMOといった高速通信技術をサポートし、下り最大612Mbpsに対応したファーウェイ製のモバイルWi-Fiルーター。
  • 3月中旬以降発売。

スペック

  • サイズ:109.9×65.1×15.5mm
  • 重量:約135g
  • 対応バンド
    国内:LTE 1/3/8/11/41/42
    海外:LTE 1/2/3/4/8/11/12/17/25/26/41、W-CDMA 1/2/4/8
  • Wi-Fi:IEEE 802.11a/b/g/n/ac
    最大14台まで接続可能。
  • バッテリー容量:2400mAh
  • バッテリー持続時間:省電力モード 8.5時間
  • カラーはブラックとホワイトの2色をラインナップ。

公式サイト:Pocket WiFi 601HW

 

外出先でPCやスマートフォンなどを複数台接続、オンライン環境を構築するのに便利なモバイルルーター。

ソフトバンクが新モデルとして発表したファーウェイ製の「Pocket WiFi 601HW」は、複数の周波数帯を束ねるキャリアアグリゲーションや、複数アンテナで同時に通信する「4×4 MIMO」、情報量を増やす「256QAM」などの高速化技術を組み合わせ、下り最大612Mbpsの高速通信を可能にし、外出先でもオンラインの作業にかかる時間を大幅に短縮。

最大14台までの接続に対応するため、複数人で作業を行うときにも頼れるハイスペックになっている。

あわせて読みたい