重厚なボディに高反応独自メカニカルスイッチ搭載!Razerゲーミングキーボード「BlackWidow Chroma V2」2月18日発売

Razerは、ゲーミングキーボード「BlackWidow Chroma V2」を発表。

使い込める、ハイスペックゲーミングキーボード。

 

マクロキー、パームレストも装備!Razer「BlackWidow Chroma V2」

Razer「BlackWidow Chroma V2」概要・スペック・価格

  • Razer独自のメカニカルスイッチを採用したゲーミングキーボード。
  • 2月18日発売。
  • 日本語レイアウトとUS英語レイアウトをラインナップ。

スペック

  • キーピッチ:19mm
  • 押下重:50g
  • 同時押し対応キー数:10
  • インターフェイス:USB
  • ポーリングレート:1,000Hz
  • サイズ:471×182×40mm(パームレスト装着時:471×252×40mm)
  • 重量:1,512g
  • 対応OS:Windows 7以降、macOS 10.9以降。
  • キーは最大8,000万回の高耐久性を確保。
  • 本体左側にマクロキーを5つ備え、マクロ機能を利用可能。
    オンザフライのマクロ記録に対応。
  • 磁石で着脱できるパームレストを付属。
  • 右側面にUSBパススルーポート、ヘッドセット用4極ミニジャックを装備。
  • RGB LEDライティング機能を採用し、ユーティリティソフト「Synapse」からライティングエフェクトを設定可能。

Razer「BlackWidow Chroma V2」価格

  • 23,000円

公式サイト:Razer BlackWidow Chroma V2

 

ゲーミングモデルで定評があるRazer。

新しいゲーミングキーボード「BlackWidow Chroma V2」は、2010年発売の「Razer BlackWidow」の最新進化モデル。

メカニカルキーボードに多く使われているCherry MXスイッチではなく、2014年に独自開発したスイッチを採用。

高い耐久性はもちろんのこと、反応ポイントを浅く設定するなど、ゲーム時の瞬時の動作にこだわった作りになっている。

その他「BlackWidow Chroma V2」では、本体左側にマクロキーを5つ装備しマクロ機能を利用可能。

厚みがあるメカニカルキーボードで必要になることが多いパームレストも付属し、マグネットで着脱できるように。

価格はゲーミングキーボードの中でも高めの設定になっているが、高いスペックを凝縮した1台だ。

あわせて読みたい