中判サイズの大型イメージセンサーで超高画質!富士フイルム ハイエンドミラーレスデジタルカメラ「GFX 50S」2月下旬発売

富士フイルムは、中判ミラーレスデジタルカメラ「FUJIFILM GFX 50S」と、大口径専用交換レンズ「フジノン GFレンズ」を発表。

機動性に優れる最高品質!

 

レンズ同時開発で性能を最大限に!FUJIFILM「GFX 50S」「フジノン GFレンズ」

富士フイルム「FUJIFILM GFX 50S」、大口径専用交換レンズ「フジノン GFレンズ」概要・スペック・価格

  • 35mmフルサイズイメージセンサーの約1.7倍となる中判サイズ(43.8x32.9mm)の「FUJIFILM G フォーマット」イメージセンサーを搭載した中判ミラーレスデジタルカメラ「FUJIFILM GFX 50S」と、大口径の専用交換レンズ「フジノン GFレンズ」3種を、2月下旬に発売。
  • 「GFX 50S」は、有効画素数5140万画素の「Gフォーマット」センサー、画像処理エンジン「X-Processor Pro」などにより、富士フイルム史上最高画質を実現するハイエンドミラーレスデジタルカメラ。
  • 「GFレンズ」は、標準レンズ「FUJINON GF63mmF2.8 R WR」、標準ズームレンズ「FUJINON GF32-64mmF4 R LM WR」、中望遠マクロレンズ「FUJINON GF120mmF4 R LM OIS WR Macro」の3種をラインナップ。

スペック

  • 中判サイズ5140万画素CMOSセンサー、「Xシリーズ」で好評の画像処理エンジン「X-Processor Pro」を搭載。
    同等の画素数を持つ35mmフルサイズセンサー搭載機と比較し、センサーサイズが大きく受光能力に優れるため、高い階調再現性を発揮。
    動画機能はフルHD30pに対応し、高画質動画撮影が可能。
    新機能の「カラークローム・エフェクト」により、陰影のある色鮮やかな花のように、彩度が高く階調再現が難しいと言われる被写体で、従来よりも深みのある色再現、階調再現が可能に。
  • マグネシウム合金を使用した、小型軽量な高剛性ボディを採用。
    標準レンズ「GF63mmF2.8 R WR」と組み合わせでも約1230gと、中判サイズセンサー搭載機の約60%、35mmフルサイズセンサー搭載機とほぼ同等の重量を実現。
  • 369万ドット有機EL電子ビューファインダー(EVF)、236万ドット静電式タッチパネル背面液晶モニターを採用。
    EVFは富士フイルム初の着脱式で、ユーザーの使い方に合わせたフレキシブルな運用が可能。
    別売EVFチルトアダプター(EVF-TL1)と併用し、さまざまな角度に調整できる。
    背面液晶モニターには、タッチ操作でメニューや測距点、画像などを選択できる3.2型静電式タッチパネルを採用。
  • 堅牢、耐久性に優れる大口径「Gマウント」と超高解像を実現する「GFレンズ」を新開発。
    マウント径65mmの大口径、26.7mmと短いフランジバックの専用マウント「Gマウント」を開発。
    ボディとレンズを同時開発することで、「Gフォーマット」センサーと「GFレンズ」の性能を最大限に引き出した。

富士フイルム「FUJIFILM GFX 50S」、大口径専用交換レンズ「フジノン GFレンズ」価格

  • FUJIFILM GFX 50S:オープン
  • FUJINON GF63mmF2.8 R WR:195,000円
  • FUJINON GF32-64mmF4 R LM WR:299,500円
  • FUJINON GF120mmF4 R LM OIS WR Macro:349,500円

公式サイト:FUJIFILM GFX 50S

 

平成23年に発売していた「Xシリーズ」は、風景、スナップ、ポートレートなど幅広いジャンルの撮影に対応。高画質と高い機動性でファンを獲得。

新モデルとなる「GFX 50S」は「Xシリーズ」の色再現を継承。より高画素で大型センサーを搭載したカメラのニーズに応えたモデルに。

中判サイズの5140万画素CMOSセンサー、画像処理エンジン「X-Processor Pro」などのほか、性能を引き出す「フジノン GFレンズ」も同時開発。

ボディは大幅に軽く、これまでの画質に満足できなかった人に向けたハイエンドになった。

あわせて読みたい