ホームシアターで4Kも!BenQ DLPプロジェクタ「HT8050」「HT6050」2月24日発売

BenQは、ホームシネマ向けのDLPプロジェクタの新製品「HT8050」「HT6050」を発表。

自宅でも最高峰の画質に!

 

4K対応DLPプロジェクタ!「BenQ HT8050」

ベンキュージャパン「HT8050」概要・スペック・価格

  • THX HD認定を取得した4K DLPプロジェクタ。
  • 2月24日発売。
  • TIのXPR技術をベースとした4K UHD DMDチップを搭載。
  • DMDチップは415万個(2,716×1,528)のマイクロミラーにより、各フレーム解像度を830万画素に倍増するデュアルポジションの精度光アクチュエータを経由。
    XPR高速技術により4K/UHD化を実現。

スペック

  • サイズ:470.7×564.7×224.9mm(幅×奥行き×高さ)
  • 重量:約14.8kg
  • 投写サイズ:95~300型
  • 輝度:2,200ルーメン
  • ダイナミックアイリス利用時コントラスト:5万:1
  • カラースペース:Rec.709
  • 色区分とカラーホイールコーティングの20通り以上の組み合わせを、ISFキャリブレーション訓練を受けた専門技術者がテスト。
    ソフト最適化や製造ラインの品質管理を徹底。
  • 1.5倍光学ズームで、自動でズーム比を調整し、最適なピント調整を行なう「True Zoom」システムを搭載。
  • 動作適応型エッジ向上技術「4Kピクセル・エンハンサー」や「カラー・エンハンサー」などを統合した画質向上機能「CinemaMaster Video+」を搭載。
  • 消費電力:最大384W(待機時0.5W)
  • 動作音:23dB/26dB(エコノミー/標準)

ベンキュージャパン「HT8050」価格

  • オープン。店頭予想価格は66万円前後。

公式サイト:BenQ「HT8050」

 

高画質のコンテンツが続々発売されていることで人気に火がついているホームシネマ。

BenQが新発表した1台目「HT8050」は、大画面ディスプレイなどで話題になっている4K UHDの超高解像度の投写に対応。

映画館のデジタルシネマ同等の高画質を、家庭で楽しむことができるモデルに。

鮮明な830万画素と、Rec.709色精度、最高レベルの50000:1というダイナミックコントラスト比の映像は圧巻のモデルだ。

 

高画質をオプションで自由に設置!「BenQ HT6050」

ベンキュージャパン「HT6050」概要・スペック・価格

  • THX HD認定を取得したフルHD DLPプロジェクタ。
  • 2月24日発売。

スペック

  • サイズ:431×321×167mm(幅×奥行き×高さ)
  • 重量:約8.8kg
  • 1,920×1,080ドットのDMDチップを搭載。
  • 輝度:2,000ルーメン
  • コントラスト比:5万:1
  • カラースペース:Rec.709
  • カラーホイール:6倍速 RGBRGB
  • 投写サイズ:35~205型
  • レンズは1.25倍の光学ズーム、オールガラスレンズを採用。縦±70%、横±5%のレンズシフト機能も搭載。
  • ワイドフィックス、ワイドズーム、セミロング、ロングズームの4つのオプションレンズも用意。
  • 動作適応型エッジ向上技術「4Kピクセル・エンハンサー」や「カラー・エンハンサー」などを統合した画質向上機能「CinemaMaster Video+」を搭載。
  • 消費電力:最大370W(待機時0.5W)
  • 動作音:28dB/31dB(エコノミー/標準)

ベンキュージャパン「HT6050」価格

  • オープン。店頭予想価格は37万円前後。

公式サイト:BenQ「HT6050」

 

同時発売になるもう一台「HT6050」は、世界のデジタルシネマの90%で使用されているDLPテクノロジーなどによって、映像を忠実に再現。

標準搭載レンズのほか様々なオプションレンズを用意し、縦横にレンズシフト、CinemaMaster Video+による拡張機能を装備して、自宅シアターの多彩なカスタマイズにも対応する熟成のモデルだ。

あわせて読みたい