耳に入れない不思議なオーディオ!ソニー音響採用 ambie「sound earcuffs」発売

ソニーV&SとベンチャーキャピタルWiLが共同出資する「ambie」は、新タイプのオーディオデバイス「ambie sound earcuffs(アンビー サウンド イヤカフ)」を発売。

疲れず、ずっと使える新しい聴きごこち。

 

BGMを鳴らすようにつかえる「ambie sound earcuffs」

ambie「sound earcuffs」概要・スペック・価格

  • ソニービデオ&サウンドプロダクツと、ベンチャーキャピタルWiLが共同出資するambieが開発したオーディオデバイス。
  • 耳に挟むアクセサリー「イヤカフ」のように装着することで、耳を塞がずに周囲の音や声を聞きながら、音楽を聴くことができるため、耳孔が蒸れにくく、長時間でも疲れにくい。
  • カラーは全6色。
  • 音響はソニーが持つ高感度ドライバユニットを搭載。
  • 「外耳型磁気回路」を搭載し、耳の外側にあるドライバの音を、音導管で耳の近くまで伝える。
  • 接続はステレオミニケーブルに対応。マイクリモコンを装備。
  • ケーブル長は1.2m。
  • 本体重量は約5.2g。

ambie「sound earcuffs」価格

  • 5,500円

公式サイト:ambie

 

一見どのように使うのかわからない、新しいスタイルを採用したオーディオデバイスambie「sound earcuffs」。

このデバイスは、耳に挟むように使うアクセサリー「イヤカフ」のように装着。

そうすることで、音楽を聴きながらも耳を塞ぐことなく、日常的に使用ができるようになっている。

アイディアグッズにとどまらず、音質に定評があるソニーも共同出資していることで、サウンドもこだわっているambie「sound earcuffs」。

「イヤホンのつけ心地があわず、ヘッドフォンを使っていた」という人も、試してみたい製品だ。

あわせて読みたい