オーディオ+スマホの逆発想!オンキヨー 最高音質SIMフリースマホ「GRANBEAT DP-CMX1」2月下旬発売

オンキヨー&パイオニアイノベーションズは、SIMフリースマートフォン「GRANBEAT DP-CMX1」を発表。

音響メーカーだからこそのスマホ!

 

本体はずっしりアルミ削り出し!音のためにつくったスマホ「GRANBEAT DP-CMX1」

オンキヨー&パイオニアイノベーションズ SIMフリースマートフォン「GRANBEAT DP-CMX1」概要・スペック・価格

  • デジタルオーディオプレイヤーからスマートフォンという逆発想により、音質に最大限こだわったスマートフォン。
  • 2月下旬発売。楽天モバイルなど、さまざまなMVNOから販売予定。
  • Androidベースで開発されたハイレゾプレーヤー「DP-X1」シリーズに、LTE+3G通信機能を追加。
  • 輻射ノイズの影響を考慮し、アナログ回路基板を小型化。
  • DAC、アナログアンプは、「DP-X1」とほぼ同等の構成に。
  • アナログ基板は、CPUなどのデジタル基板と独立させ、高級ハイレゾプレーヤーに採用されるESS Technology「SABRE DAC(ES9018C2M)」を2基搭載。
  • 左右対称フルバランス構成。ヘッドフォンをバランス駆動する2.5mm4極端子も装備。
  • 通信機能を活用し、e-onkyo musicで購入した楽曲を直接ダウンロード可能。
  • 240万曲以上の歌詞を提供する「プチリリ」と連携し、歌詞を表示。

スペック

  • サイズ:幅72×奥行き11.9×高さ142.3mm
  • OS:Android 6.0
  • 画面サイズ:5インチ(1080×1920画素、IPS)
  • CPU:ヘキサコアSnapdragon 650(1.8GHz×2+1.4GHz×4)
  • メモリ:3GB
  • ストレージ:128GB
  • 重量:約234g
    筐体はアルミ削り出し
  • 外部ストレージ:最大256GB microSDカード
  • メインカメラ:16メガ
  • インカメラ:8メガ
  • バッテリー容量:3000mAh Quick Charge 3.0急速充電対応
  • 待受時間:480時間
  • 連続通話:22時間
  • 約25時間連続の音楽再生に対応
  • 対応フォーマット
    PCM:最大384kHz/24bit
    DSD:最大11.2MHz(PCM変換で再生)
    MQA対応
  • Bluetooth出力
    SBC、AAC、48kHz/24bit対応aptX HD
  • 対応ネットワーク
    LTE:バンド1/3/7/8/19/26
    3G(W-CDMA):バンド1/5/6/8/19、4バンドGSM
    4G+3GデュアルSIMデュアルスタンバイに対応

「GRANBEAT DP-CMX1」価格

  • オープン。実売税抜き価格8万4800円前後。

 

オーディオではファンも多いオンキヨーがつくったスマートフォンとして発表された「GRANBEAT DP-CMX1」。

そのつくりは期待以上のもので、ノイズを抑えるためアルミ削り出し、厚みがありずっしりとした手応えの本体には、高級デジタルオーディオゆずりの回路をイン。

再生対応フォーマットも現在のトップクラスと同等に広く、”あくまでオーディオ”というスマホになっている。

側面

そこまでのつくりながら、実売価格は8万円台中盤と、他メーカーのフラッグシップスマホと同等の価格に抑えられている「GRANBEAT DP-CMX1」。

”スマホの利用方法のメインは音楽を聞くこと”という人なら、最高の1台になること間違いなしのデジタルオーディオスマホだ。

上下面


関連リンク

ONKYO「GRANBEAT」

あわせて読みたい