画素の低い映像も綺麗に。エイサー43型4Kモニター「ET430Kwmiippx」発売

日本エイサーは、4Kパネルを搭載した「ET」シリーズの43型4Kモニター「ET430Kwmiippx」を発表。

使いやすさ抜群の4Kモニター。

 

4Kチューナー、デイジーチェーン対応!エイサー「ET430Kwmiippx」

日本エイサー43型4Kモニター「ET430Kwmiippx」概要・スペック

  • 4K超高解像度パネル搭載したモニター。

スペック

  • 色再現性が高く、視野角による色変化の少ない半光沢タイプのIPS方式パネルを搭載。
  • 4Kテレビ放送に必要なHDCP2.2対応のHDMI2.0入力端子を2系統搭載。
  • DisplayPortの入力端子だけでなく、出力端子も搭載して、付属のDisplayPortケーブルでDisplayPort入力端子を搭載した別のモニターをつなげること(デイジー・チェーン)ができる。
  • PIP/PBP機能で利用シーンに合わせて2画面同時表示が可能。
  • 画素を補正する「スーパーシャープネス・テクノロジー」を搭載。
    解像度の低い映像でも画素を補正し、ぼやけず、自然な映像表示を可能に。
  • 消費電力を最大で40%低減するECOモードを搭載。

 

対応商品の販売が増え、注目されている4Kディスプレイ。

エイサーの新モデル「ET430Kwmiippx」は、43型の大きな画面で4K表示に対応。

単体ではモニターだが、あとで4Kチューナーをつなぎたくなったときのために、HDCP2.2対応のHDMI2.0入力端子も用意。

モニターでは通常、映像を受け取るだけが多いDisplayPortには出力端子も用意し、「ET430Kwmiippx」から別モニターにつなぐこともできるように。

まだ「4Kはたまに…」という人のためには、画素数が少ない映像でもぼやけずに見える「スーパーシャープネス・テクノロジー」も搭載。

今、安心して買えるモデルだ。


関連リンク

Acer

あわせて読みたい