米国国防総省規準の防水・防塵・耐衝撃!京セラ UQ向けフィーチャーフォン「DIGNO Phone」発表

京セラは、UQコミュニケーションズ向けのフィーチャーフォン「DIGNO Phone」を発表。

タフケータイがUQにも!

 

京セラ自慢のタフさは健在!「DIGNO Phone」

 

京セラ「DIGNO Phone」概要・スペック・価格

  • UQコミュニケーションズ向けに製品化したフィーチャーフォン。

スペック

  • 米国国防総省が制定した調達規準に準拠した防水や防塵に加え、耐衝撃も備えた堅牢設計を採用。
  • 音と振動で音を伝える京セラの独自機能「スマートソニックレシーバー」を搭載し、騒がしい場所でも声をクリアに聞くことが可能。
    さらに、「聞こえ調整」機能により、高い声を軽減する「やわらかく」、こもった音をはっきりさせる「はっきりと」、音を小さくする「おさえめに」と、好みの音質に調整可能。
    また、高音域が聞こえやすいVoLTEに対応。
  • 使い慣れたキーによる操作が可能。
  • カスタムメニューで、頻繁に利用する機能を登録し、お気に入りのメニューにカスタマイズすることができる。
  • 3つのカスタマイズキーの短押しに、よく使う機能を割り当てることができる。
  • カラーはホワイト、グレイをラインナップ。

京セラ「DIGNO Phone」価格

  • オープン価格

 

”圧倒のタフさをもったケータイ”として、今年のau発表会で話題になった「TORQUE X01」も製造している京セラ。

UQ向けの新製品「DIGNO Phone」はデザインこそ控えめだが、「米国国防総省の調達規準準拠」というスペックは変わらず。

騒がしい場所でも音をはっきり聞くことができる「スマートソニックレシーバー」機能も搭載し、外出先でも思い切り使えるモデルに。

ケータイならではの使い勝手は、UQでもファンに人気になりそう。


関連リンク

京セラ「DIGNO Phone」

あわせて読みたい