紙、スマホをもっと使いやすく!ワコム「Bamboo Folio small」「Bamboo Fineline」予約受付開始

Bamboo Folio small

ワコムは、A5サイズのスマートパッド「Bamboo Folio small」、iOS専用スタイラスペン「Bamboo Fineline」の発売日、価格を発表。

テーマは紙!な2モデル。

 

紙を使いやすくする「Bamboo Folio small」、紙のように使える「Bamboo Fineline」

Bamboo Fineline

ワコム「Bamboo Folio small」「Bamboo Fineline」概要・価格

  • 「Bamboo Folio small」は1月26日から、「Bamboo Fineline」は2月1日から発売。
    いずれも1月24日からワコムストアで事前販売予約の受付を開始。
  • 「Bamboo Folio small」は、書いたメモやアイデアを、ボタンを押すだけでスマホなどに保存できるA5サイズのスマートパッド。
    「Wacom Inkspaceアプリ」とクラウドサービスにより、どこでもデータにアクセスし編集することが可能。
  • 「Bamboo Fineline」は、第3世代となる1.9mmの極細ペン先を採用したiOS専用スタイラスペン。
    手になじむ三角形のフォルムにデザインを刷新。
    iPad、iPhoneとBluetooth接続することで、対応アプリ上で画面に手をついても文字が書けるパームリジェクションや筆圧感知などの機能を使用可能。

ワコム「Bamboo Folio small」「Bamboo Fineline」価格

  • Bamboo Folio small:17,800円(税抜)
  • Bamboo Fineline:7,480円(税抜)

 

アイディアをかたちにするアイテムを提供しているワコム。

新モデルとなる「Bamboo Folio small」は、紙を手軽にデジタルデータにできる「Bamboo Folio」のサイズを小さくし、いつでもアイディアを書き留められるように。

ワコムが近年ちからを入れているクラウドサービスとの連携により、どこでもデータにアクセスして、編集することも可能になっている。

もう一つの新モデル「Bamboo Fineline」は、定番のiOS専用スタイラスペンの第3世代モデル。

こちらで書き込むのはあくまでスマホやタブレットだが、Bluetooth接続することで紙のように気軽に、滑らかな書き込みが可能に。

繊細な表現も自由自在の1本になっている。


関連リンク

Bamboo Smartpad/ワコムストア

Bamboo Stylusシリーズ/ワコムストア

あわせて読みたい