第7世代CPUなどで性能UP!東芝ノートPC 13.3型「dynabook RX73/C」15.6型「dynabook Tシリーズ」1月25日~発売

東芝クライアントソリューションは、dynabookブランドのノートPC、13.3型「RX73」シリーズと、光学ドライブ非搭載の「RX33」シリーズ、15.6型「dynabook Tシリーズ」を発表。

使いやすさやサウンドも大幅改善!

 

13.3型「RX73」は「Windows Hello」、15.6型「dynabook Tシリーズ」はオンキヨーのスピーカーを採用!

東芝 ノートPC「dynabook RX73/C」「dynabook Tシリーズ」概要・価格

  • 東芝のノートPCの2017年春モデル。
  • 13.3型モバイルノートPC「dynabook RX73/C」、15.6型ノートPC「dynabook T」シリーズなど、6機種18モデルをラインナップ。
  • 1月25日から順次発売。
  • 最新のCPU「第7世代インテル Core プロセッサー」と、高速転送速度のDDR4メモリを搭載。
  • 「dynabook RX73/C」は、安全なログインを提供する生体認証「Windows Hello」に対応し た指紋センサーを全モデルに搭載。
    自社開発のBIOSを搭載し、外部からデータを盗まれにくくする高度なセキュリティを実現。
    本体は薄さ約21.4mm、軽さ約1.32kg。USB 3.0、 HDMI、 RGBなどのインターフェースとブルーレイディスクドライブなどの光学ドライブを装備。
    新たに、光学ドライブ非搭載シリーズとして13.3型ネットノートPC「dynabook RX33/C」をラインナップ。
  •  「dynabook T」シリーズは、サウンド面を強化し、スピーカーメーカーのオンキヨー、シアター音響補正技術を持つAudyssey Laboratories, Inc.と共同で開発した「dynabookサウンドエンジン by Audyssey」を搭載。
    自然な音に近づける音響補正技術を融合し、包み込まれるような立体音場と迫力のサウンドを提供。
    利用シーンにあわせた音楽・映画・ゲーム・通話の4つのサウンドモードのほか、エフェクトやイコライザーでの調整も可能。

東芝 ノートPC「dynabook RX73/C」「dynabook Tシリーズ」価格

  • 価格はいずれもオープン。
  • 発売日は、
    dynabook RX73/C:1月25日発売
    dynabook RX33/C:2月下旬発売
    dynabook T85/C:2月上旬発売
    dynabook T75/C:2月上旬発売
    dynabook T55/C:2月下旬発売
    dynabook T45/C:2月下旬発売

 

持ち運んでも安心のタフさを持つノートPCとして人気の東芝「dynabook」。

2017年春モデルでは、13.3型の「dynabook RX73/C」で、ログイン時の面倒なパスワード入力をなくし、簡単にPCの立ち上げができる「Windows Hello」の指紋認証に対応。

その他、光学ドライブを搭載しないことで軽く、持ち運びやすい13.3型のネットノートPC「dynabook RX33/C」をラインナップ。

 

15.6型の「dynabook T」シリーズでは、スピーカーメーカーのオンキヨー、高い音響補正技術を持つAudysseyと協力して開発した「dynabookサウンドエンジン by Audyssey」を新搭載。

画面が大きく家庭で使う人も多い15.6型ノートで、もっと音楽や映像を楽しめるように。

どのモデルも、CPUやメモリも最新のものにアップデートされ性能が底上げされているので、さらに気持ちよく使うことができるように仕上がった。


関連リンク

東芝 dynabook RX73

東芝 dynabook RX33

東芝 dynabook T

あわせて読みたい