重ねるだけで機能を拡張!日本HP 小型PC「HP Elite Slice」1月19日発売

HP Elite Slice

日本HPは、拡張モジュールをスタック、機能を拡張できる小型PC「HP Elite Slice」を発表。

追加機能は重ねるだけ!

 

難しい知識は必要なし!欲しい機能を重ねて使う「HP Elite Slice」

HP Elite Slice オーディオモジュール付コラボレーションモデル

HP Elite Slice 概要・価格

  • 本体底面に備えたUSB Type-C端子により、同じくUSB Type-Cを備えたモジュールを重ねていくことで機能を拡張できる小型PC。1月19日発売。
  • 拡張モジュールは、高級オーディオブランド「Bang & Olufsen」のスピーカーと集音範囲5mのデュアルマイクによる「オーディオモジュール」(価格15,000円)、DVDスーパーマルチドライブの「オプティカルディスクドライブモジュール」(価格15,000円)、100×100mm穴に対応した「VESAマウントマウントモジュール」(価格5,000円)の3種類をラインナップ。
  • 天板には、「HP Elite X3」などの無接点充電に対応した「ワイヤレスチャージングカバー」と、Skype for Businessに最適化したタッチボタンの「コラボレーションカバー」を用意。
  • インターフェイスは、USB 3.0 Type-C×2、USB 3.0×2、Gigabit Ethernet、無線LAN、HDMI出力、DisplayPort。
  • 本体サイズ:165×165×35.5mm(幅×奥行き×高さ)
  • 重量:約1.05kg

HP Elite Slice 価格

  • 「HP Elite Slice コラボレーションモデル」
    コラボレーションカバー、Core i5-6500T(2.5GHz、ビデオ機能内蔵)、メモリ8GB、500GB HDD、Windows 10 Pro
    価格:148,000円
  • 「HP Elite Slice ワイヤレスチャージングモデル」
    ワイヤレスチャージングカバー、Core i5-6500T、メモリ8GB、500GB HDD、Windows 10 Pro
    価格:15万円前後(2月上旬発売)
  • 「HP Elite Slice オーディオモジュール付コラボレーションモデル」
    コラボレーションカバー、HP Elite Slice用オーディオモジュール、Intel Uniteソフトウェア、Core i7-6700T(2.8GHz、ビデオ機能内蔵)、メモリ8GB、128GB SSD、Windows 10 Pro
    価格:178,000円

 

サイズを抑え、設置場所を選ばない小型PC。

しかし、ハードウェアの追加には対応しないことが多く、困ることも。

それをスマートに解決するのが、今回発売される「HP Elite Slice」だ。

HP Elite Sliceは、スペックを選ぶことができる本体に、DVDドライブや高級オーディオブランド「Bang & Olufsen」のスピーカーも追加して、小さなスペースでPCを思い切り使うことが可能に。

モジュールとの接続も、USB端子にあわせて本体と重ねるだけのため、PCについて専門的な知識が必要にならないところも魅力だね。

オプションモジュール装着

本体のデザインも、近年ノートPCなどで高級感を高め、好評のHPのものなので、インテリア感覚で使うことができそうだ。


関連リンク

HP Elite Slice | 日本HP

あわせて読みたい