「霧島レイ」が安全運転、トレーニングをサポート!ユピテル腕時計型ウェアラブル「Lei Watch」予約受付開始

ユピテルは、オリジナルキャラクター「霧島レイ」が安全運転やスポーツをサポートするGPS搭載腕時計型ウェアラブルデバイス「Lei Watch(レイウォッチ)」の販売を、2月初旬より開始。

事前予約販売を直販サイトにて開始した。

価格は38,800円。

 

「Lei Watch」は、GPSを搭載した腕時計型ウェアラブルデバイスで、ユピテルのオリジナルキャラクター「霧島レイ」のデフォルメキャラクター「ちびレイ」が、自動車の運転中や普段の生活のさまざまなシーンで注意を促したり、話しかけたりする。

安全運転をサポートする機能として、うっかり違反を防止する「オービス監視モード」、居眠り運転を抑制する「居眠り検知モード」を搭載。ユーザー自身が身に着けるデバイスのため、どんなクルマを運転するときでも安全運転に役立てることができる。

また、スポーツをサポートする「トレーニングモード」では、ウォーキングやランニングの際に脈拍や歩行・走行距離を表示したり、トレーニングの履歴を確認することができる。

キャラクターボイスは人気声優の「沢城みゆき」が演じ、収録音声は300フレーズ以上となっている。

オービス監視モード

「オービス監視モード」時は、デバイスに登録されているGPSターゲット(ループコイル、LHシステムなどのオービス)に近づくと、ちびレイの音声と表示で警告。

Leiシリーズを搭載していない社用車やレンタカーなどを運転する時でも、Lei Watchを身につけていればレイが運転をサポートしてくれる。

居眠り検知モード

自分ではなかなか注意することができない「居眠り」を、脈拍から眠気を検知すると、表示とともに「ちびレイ」が音声で注意する。

トレーニングモード

ウォーキングやランニングの脈拍や歩行/走行距離を表示したり、トレーニングの履歴を確認することができる。

その他普段使いに、簡易スケジュール管理やアラームなど、生活に役立つちょっとした便利機能を搭載している。


関連リンク

Yupiteru「Lei Watch」

あわせて読みたい