ネットの危険を未然に防ぐスマートフォン 京セラ「miraie f」1月下旬発売

京セラは、KDDI向けの新商品として、ジュニア向けスマートフォン「miraie f」を製品化。

カラーはスカイブルー、スノーラベンダー、リーフグリーンの3色にて、1月下旬以降に発売する。

価格はオープン。

 

「miraie f」は、子供の成長に合わせて閲覧できるWEBサイトや利用できるアプリを自動で制限する「フィルタリング」機能を搭載。

また、あらかじめ登録した相手以外からの連絡をブロックする「電話帳制限」や、もしもの時に危険を知らせる「カメラ機能付き防犯ブザー」など、保護者も子供も安心・安全に使える多くの機能を搭載。

さらに、「アプリ使用制限」や「利用時間制限」機能により、親子で決めたスマホ利用ルールを保護者が簡単に設定できるようになっている。

 

▼ 「miraie f」の特長

  1. フィルタリング機能を標準搭載
    有害なサイトや危険なアプリを自動でブロック。また、Wi-Fi通信時もフィルタリングするため安心。
    フィルタリングレベルは、初期設定時または保護者メニューから学齢を選ぶだけで、適切な制限を簡単に設定することができる。
  2. カメラ機能付き防犯ブザー
    防犯ブザーを鳴らすと、位置情報に加え、カメラが自動撮影した周辺写真も事前に登録した保護者にメールで届ける。
  3. 許可したアプリだけ使用可能&時間を決めて、使いすぎを防止
    [アプリ使用制限]
     アプリごとに使用の制限/許可を決めることができる。
     制限をかけたアプリは起動せず、代わりに制限中であることを示すメッセージが表示される。
    [利用時間制限]
     子どもに使わせたくない時間帯、一日のトータル利用時間、一日のトータル通話時間など、端末の利用時間を設定できる。
    [保護者遠隔設定]
     保護者のスマホやパソコンからアプリの制限・許可などができる。
  4. 安心の機能群
    [電話帳制限]
     電話帳に登録した人以外からの電話・メールをブロックすることでトラブルを防ぐ。
    [あんしん文字入力]
     メールなどの文字入力時に、他人を傷つけたり、子どもに使ってほしくない言葉が入力された場合は警告を表示。
    [歩きスマホ注意]
     画面を点灯させて持ち歩くと、警告を表示。使い方のマナーが身につく。

関連リンク

京セラ「miraie f」

あわせて読みたい