耐衝撃はもちろん、熊鈴などあらゆるアウトドア機能を搭載!京セラ「TORQUE X01」auから2月下旬発売

京セラは、KDDI向けの新製品として、米国国防総省が定める耐久試験MIL-STD-810Gの18項目に準拠し、さらに高さ1.8mからの鉄板・コンクリートへの落下試験もクリアした高耐久性能フィーチャーフォン「TORQUE X01」を製品化。

カラーは、シルバーとレッドの2色にて、2月下旬以降に発売する。

価格はオープン。

 

「TORQUE X01」は、「TORQUE」シリーズで人気の「OUTDOOR PORTAL」を搭載し、天気や気圧、温度などアウトドアで必要な情報を簡単に確認することが可能。

情報はサブディスプレイでの表示に加え読み上げ通知にも対応し、気温や高度、気圧などを定刻に読み上げてお知らせ。

また、直射日光の下でも見やすい3.4インチFWVGA液晶、大音量で野外でも聞きやすい2つの前面スピーカー、ピント合わせが速い像面位相差オートフォーカス搭載の約1,300万画素カメラ、グローブをしていても押しやすい大きくて凸量のあるキーを搭載。

アウトドアでのアクティビティを強力にサポートするタフネスケータイになっている。

 

 「TORQUEX01」の特長

  • 18項目の耐久試験と京セラ独自の落下試験をクリアした高耐久性能
    米国国防総省の調達基準に準拠した防水、防塵をはじめとする以下の18項目の過酷な環境試験をクリアした、高耐久性能フィーチャーフォン。
    耐衝撃は、高さ1.8mからの鉄板、またはコンクリートへの落下試験もクリアした高い耐衝撃性能により、屋外でも安心して利用できる。
  • アウトドアで役立つ「OUTDOOR PORTAL」
    天気や気圧、温度などアウトドアで必要な情報を取得できる、多彩なセンサーアプリを搭載。サブディスプレイにも表示できる。
  • 直射日光下でも見やすいディスプレイとグローブをしていても押しやすいハードキー
    アウトドア利用を想定した輝度調整、光の乱反射を抑えるディスプレイの貼り付け構造を採用。太陽の真下や雪の反射がある場所でも見やすい画面。
    また、グローブをしていても押しやすい大きく凸量のあるハードキーは、押し感もよく、着信応答やカメラの起動も快適。
  • 大音量で野外でも聞きやすい2つの前面スピーカーと約1,300万画素カメラ
    風の強い日、雨や川の音が気になるときでも聞き取りやすい100dBの大音量を実現。フロントスピーカーで、本体を閉じた状態でも大音量で聞きやすい構造。
    また、約1,300万画素カメラにピント合わせが速い像面位相差オートフォーカスを搭載。大切な一瞬も逃さず撮影できる。
  • その他アウトドアで便利な機能群
    ・読み上げ通知機能
     あらかじめ設定しておくと、外気圧や気温などアウトドアで必要な情報を毎時0分と30分に読み上げる通知機能を搭載。屋外で手が離せないシーンでも便利に使うことができる。
    ・圏内・圏外通知機能
     4G LTEの圏内・圏外の切り替わりを大容量スピーカーが読み上げる。
    ・簡易ライト
     アウトドアの暗い環境でも相手に存在を知らせることができる「点滅機能」や、テントの中で、少しの明かりが欲しいときに使える「明るさ設定」に対応。点灯時間の変更もできる。
    ・ブザー機能
     緊急時のブザーだけでなく、山で迷ったときに周囲に知らせる「ホイッスル音」や周囲に自分の存在を知らせる「クマ鈴」など用途に応じて使い分けることができる。

関連リンク

京セラ「TORQUE X01」

あわせて読みたい