より自堕落に…! BIBI LAB「ツインテール挟まれ枕」クッション性を大幅アップした改良版発売

アイデアグッズブランド「BIBI LAB(ビビラボ)」は、「ツインテール挟まれ枕」の改良版を発売した。

価格は税別11,000円。

「ツインテール挟まれ枕」は、2015年1月に販売を開始した、ツインテールの形をした抱きまくら。 一般的な筒型の抱き枕と異なり、抱きしめる以外にも挟まれる、抱きしめられるといった姿勢を取ることが可能。

BIBI LABが行った抱きまくらについてのアンケートによると、安眠するために抱きまくらを使う人よりも、抱きしめて安心するために使う人が多いことが判明し、「ツインテール挟まれ枕」は狭いところで寝たり、挟まれて横になったりするのが好きな人から好評を得ている。

今回の改良では、寝姿勢をしっかりサポートして安眠に導くため、クッションの反発力と充填量を改善。

充填量を約400g増量し、約3.6kgに。 従来の抱き枕にはない、全身がめり込む、うずもれる、巻き込まれる感覚を楽しめるように。

また、従来のフリース素材から、スパンデックス素材のカバーに変更。 より人肌に近い、サラサラとした肌触りで通気性も良いため、一年中使うことが可能となり、カバーは丸洗いで清潔に保つことができる。

従来製品同様、ツインテール形状を活かした様々な抱き方「抱きの十手(いだきのじって)」も楽しめ、丸めて体を挟んでみたり、誰かとシェアしてみたりなど、自由自在な使い方が可能になっている。


関連リンク

BIBILAB「ツインテール挟まれ枕」

あわせて読みたい