コンストラクターの枠をこえた初のシリーズ! デアゴスティーニ 隔週刊「F1マシンコレクション」1月10日発売

デアゴスティーニ・ジャパンは、創成期から現在に至るまで、F1史上に輝いた歴代の名車のダイキャストモデルが毎号1つ付属するマガジンシリーズ、隔週刊「F1マシンコレクション」を、1月10日(火)より全国書店及び、ホームページにて発売する。

価格は、創刊号特別価格が999円、第2号以降通常価格が2,490円。

 

「F1マシンコレクション」は、毎号付属するF1公認の精巧なダイキャストモデルと、そのマシンやスタードライバーなどを紹介するマガジンで楽しめるシリーズ。

1950年のF1発足以降60年以上にもわたるF1の歴史や、様々なドラマ、マシンに搭載された当時の最先端テクノロジーなど、F1伝説に触れながら魅力を堪能できる。

フェラーリやマクラーレン等、F1コンストラクターの枠を超えて揃えられる、 F1マシンのモデルカーとしては初のコレクションシリーズとなり、F1の歴史に名を残す「音速の貴公子 アイルトン・セナ」、「プロフェッサー アラン・プロスト」、「日本人初のF1フルタイムドライバー 中嶋 悟」など、様々なレジェンドたちのマシンを、1/43スケールで精巧に再現。

モデルはマシン名、ドライバー名の入った専用ケースに入って付属する。

マガジンでは、毎号付属のモデルについて、スタードライバーがF1へステップアップするまでの道のりや、グランプリでの活躍、印象に残る名勝負など、輝かしいキャリアを支えたエピソードを様々な観点から解説。

また、透視図や各部の貴重な写真とともに、マシンのプロフィール、各時代ごとにマシンに注ぎ込まれた最先端・最高水準のテクノロジーを詳細に分析、紹介。

その他、F1への参戦と勝利を支えたレーシングチームについての章、世界各地のF1が行われたサーキットの章、1950年のF1世界選手権初開催から現在に至るまでのF1の歴史の章など、魅力満載のマガジンになっている。

▼刊行予定


関連リンク

デアゴスティーニ・ジャパン 隔週刊「F1マシンコレクション」

あわせて読みたい