見上げる姿がかわいい練りきり「食べマス ドラえもん」 全国のイオンで12月30日/31日の2日間販売

バンダイ キャンディ事業部は、キャラクターをモチーフにした和菓子シリーズ「食べマス」からドラえもんの妹“ドラミちゃん”が新たに加わった「食べマス ドラえもん」3種を、12月30日(金)~12月31日(土)の年末に全国のイオン等の和菓子売り場にて発売する。

希望小売価格は税別各260円。

 

「食べマス」は、「食べられるマスコット」の略を名称としたキャラクター和菓子のシリーズ。

餡、砂糖、餅粉などを練った生地で形作られた和菓子の“練りきり”を用いて、キャラクターの特徴を表現している。

美味しさだけでなく、手の込んだ細工の美しさ、そして“かわいすぎて食べられない”と思ってしまうほど、キャラクターの持つ愛らしさを表現した新感覚の和菓子になっている。

 

「食べマス ドラえもん」は、2016年4月から先行販売され、じーっと見上げる姿のかわいさや、細部まで丁寧に表現したクオリティの高さで好評を得ている「ドラえもん(カスタード餡入り)」・「ドラえもんのひみつ道具 ミニドラえもん(ミルク餡入り)」に、「ドラミちゃん(メロン風味餡入り)」を新たに加えた全3種をラインナップ。

「食べられるマスコット」の名前通り、ドラえもん・ミニドラえもん・ドラミちゃんの姿かたちを全長約40mmで再現するとともに、首元の鈴、四次元ポケットやドラミちゃんのリボンの細部まで、手の込んだ細工で表現。

新しく登場するドラミちゃんの餡の味は、ドラミちゃんの大好物「メロンパン」をイメージ。まろやかな口当たりと和と洋が融合した繊細な味わいが魅力になっている。


関連リンク

食べマス ドラえもん

あわせて読みたい