価格40万円切りの公道も走れるミニジープ!「next cruiser」モデルチェンジ新型発売

軽自動車キャンピングカーメーカーのブレイズは、ミニカー登録で公道を走行可能かつオフロードを楽しめる四輪ミニカー「next cruiser」をモデルチェンジし、12月26日に販売を開始した。

価格は税別398,000円。

 

「next cruiser」は、原動機付自転車と同じ49ccエンジンを搭載した四輪車。ミニカー登録で水色ナンバーとなる。

ノークラッチのセミオートマでマニュアルミッション車の運転免許の有無に関係なく、女性でも気軽に乗ることができる。

シフトは上から「リバース」「ニュートラル」「1速」「2速」「3速」と本格的な仕様。運転免許は普通自動車運転免許で、1人乗り50ccの原動機付自転車ミニカー登録。

オフロードやレジャー施設、私有地では二人乗りができ、ベンチシートのベルトも左右両方の席に標準装備。

家族や夫婦、友人、孫と遊ぶほか、釣り等の趣味や、農業用、お店のインテリア、街乗りで普段使いもできるため、様々なシーンで活用できる。

モデルチェンジでは、乗り出し価格、品質、仕様を大きく変更。

乗り出し価格は今まで車両本体価格398,000円に日本でのメンテナンス費用、組立の費用等、諸費用が大きくプラスになっていたが、今回のモデルチェンジで諸費用込みの乗り出し価格398,000円で販売できるように。

工場、生産ライン等を徹底的に改善し、さらに品質も向上させた上で乗り出し価格を大きく下げることで、より多くのユーザーに「next cruiser」を購入してもらえる値段設定にした。

 

品質はロットを増やすため厳選した工場・生産ラインを拡大化させ、かつスタッフが常駐し出荷まで検品を徹底。それにより日本国内には良品の製品のみが入る。

その後、組み立て・整備・フルメンテナンスを全て日本の指定工場で実施。

全ての検品を再度実施し日本製に指定部品を交換。各オイル、ホース類を日本製にしてネジ一本に至るまで交換。

バッテリーも中国製ではなくGS YUASA製に交換し、全部で4社にて行われる検品項目合格車のみを販売する。

その他にも以下のように多くを改善し、乗りやすさ、使い勝手を改善している。

1.ステアリングバー3段階調節可能

ステアリングバーの長さ調節を行えるようになりベストな長さに調節可能に。

2.ステアリング

頑丈な構造で製作し、乗車時も安心して走行可能。

3.クリスタルテール

リアテールをクリスタルテールに変更。夜間時もより安心して走行可能に。バックライト、反射板も付いている。

4.ボンネット内 骨組み

骨組みをより強く、シンプルに。メンテナンスなどを行う際の確認が容易に。また安全性も向上。

5.背面タイヤ装着部分 骨組み

背面タイヤを支える骨組みを1本追加することにより骨組みの強度が増し、より安心に。

6.アクセルペダル・ブレーキペダルに専用ラバーを装着

ペダルを踏む際に足を滑らす危険性をカバー。より安心して走行可能に。

7.ナンバー灯

ナンバー灯を装着。夜間時の後走車に対しての安全性が向上。

8.泥除け

走行時、汚れなどが運転席に侵入するのを防止し、快適な走行が可能に。

製品仕様

  • 型式:原動機付自転車(ミニカー登録)
  • 車両重量:150kg
  • 全長:2,100mm
  • 全幅:1,100mm
  • 全高:910mm
  • 乗車定員:1名
  • 最小回転半径:2.4m
  • 始動方式:セル式
  • 変速方式:セミオート(前進3段・後進1段)
  • 排気量:49cc
  • 燃料種類:無鉛レギュラーガソリン
  • タンク容量:3.8L
  • 最大出力:3.35kw/8,000rpm
  • 最大トルク:3.1Nm/5,500rpm
  • タイヤサイズ:18×9.5-8
  • ブレーキ形式:前輪 ダブルディスク、後輪 シングルディスク
  • エクステリア:LEDヘッドランプ(標準装備)
  • フロントスクリーン(標準装備)
  • 背面タイヤ(標準装備)
  • インテリア:背もたれ付ベンチシート(標準装備)

運搬方法

軽トラ、軽BOX、ハイエース、トラックなどの車に乗せて運搬可能。

スロープの準備があればさらに簡単に乗せることができる。

注意事項

  • 公道で走行する場合は普通自動車免許(AT限定可)が必要。また公道での走行は1人乗りとなる。
  • ヘルメット等の防具の着用義務はないが、着用を推奨。

関連リンク

ミニジープ「nextcruiser」

あわせて読みたい