フォッシル、見た目はアナログなスマートウォッチ「MISFIT PHASE」先行予約開始

世界一の時計販売数を誇るFossil Group, Inc.は、MISFITブランドから新ライン「PHASE」を発表。

スタイリッシュなデザインの新ラインのうち3型は、Amazon、一部家電量販店、SoftBank Selection オンラインショップ、MISFIT公式オンラインショップ、時計専門店にて12月15日(木)から先行予約を開始し、12月22日(木)より販売開始。

残り3型は、1月以降の販売を予定する。

 

コイン型の活動量計SHINEや時計と一緒に身につけられるRAY等、シーンを選ばず着けられる活動量計を展開してきたMISFITは今回、アナログ時計にMISFITの技術を搭載した、新シリーズ「PHASE」を計6型をラインナップ。

「PHASE」は既存のMISFIT製品同様、充電不要で最大6ヶ月間使用可能、50m防水、活動量や睡眠の時間と質を24時間自動で記録しアプリに同期、またスマートフォンの着信を振動で知らせることが可能。

活動量の達成率は時計の針の位置によって確認することができる。

「PHASE」は、サイズ41mmのアルミニウムケースを採用し、文字盤の右側の2つのボタンにより操作が可能。

上部のボタンでは1日の活動量の達成率を確認できる他、設定したアラーム時刻の表示が可能。

例えば、その日の達成率を知りたい場合、ボタンを押すことによって二つの針が重なりあい、達成率が50%の場合は6時を指す。

下部のボタンは、自撮りシャッターボタン、音楽再生・停止ボタン、プレゼンテーションのクリッカー等、動作を割り振ることが可能。

また、スマートフォンへの様々な通知を、文字盤下部のダイヤルウィンドウ(小窓)に色別で表示することが可能。

電話着信の際は緑色、SMSは青色、その他アプリの通知(LINE、Facebook messenger、Skype、Gmail、Viber、WhatsApp、WeChat)については、通知色を選ぶことができる。


関連リンク

MISFIT PHASE

あわせて読みたい