写楽や北斎の名作をはんこに 印鑑はんこSHOPハンコズ「ニッポン匠紀行 浮世絵図鑑」発売

「印鑑はんこSHOPハンコズ」は、「ニッポン匠(TAKUMI)紀行」の第二弾として、写楽や北斎といった”浮世絵の天才たち”の名作を彫刻したはんこ「浮世絵図鑑」の販売を開始した。

 

「浮世絵図鑑」は東洲斎写楽、葛飾北斎、喜多川歌麿、歌川広重といった日本を代表する浮世絵師たちの作品を精巧にえがいたイラストに、好きな名前を彫刻してつくるはんこ。

イラストは15種類を用意。

「富嶽三十六景」や「東海道五十三次」といったおなじみの作品はもちろん、「ピードロを吹く娘」や「三代目大谷鬼次の奴江戸兵衛」といった、詳しくない人でも作品を見れば誰もがわかるような名作ばかりになっている。

直径15ミリの印面に彫刻されると思えないほどの精巧なイラストはすべて、専属の女性デザイナーによる手書きイラストとなっている。

書体は甲州手彫り印章の伝統工芸士・遅澤流水氏による手書き文字を採用。美しい浮世絵イラストに風合いのある手書き文字がよく映える仕上がりに。

「浮世絵図鑑」は黒水牛・柘植の2種類。

いずれも認め印、銀行印としての利用が可能となる。


関連リンク

印鑑のハンコズ「ニッポン匠紀行・浮世絵図鑑」

あわせて読みたい