ウイスキー樽材使用バーチカルツインスピーカー オンキヨー&パイオニア「S-PM50」「S-PM30」12月下旬発売

001%e3%82%aa%e3%83%b3%e3%82%ad%e3%83%a8%e3%83%bc%ef%bc%86%e3%83%91%e3%82%a4%e3%82%aa%e3%83%8b%e3%82%a2%e3%80%8cs-pm50%ef%bc%88d%ef%bc%89%e3%80%8d%e3%80%8cs-pm30%ef%bc%88d%ef%bc%89%e3%80%8d

左「S-PM50(D)」、右「S-PM30(D)」

オンキヨー&パイオニアマーケティングジャパンは、スピーカーシステム「S-PM50(D)」、「S-PM30(D)」と、「S-PM50(D)」専用のスピーカースタンド「CP-50(B)」を12月下旬に発売する。

価格はいずれも税別、「S-PM50(D)」が186,000円、「S-PM30(D)」が95,000円、「CP-50(B)」が82,000円。

 

「S-PM50(D)」、「S-PM30(D)」は、スピーカーシステムの理想とされる点音源を実現するためのバーチカルツイン方式(トゥイーターを中心に2つのウーファーを上下対称に配置)を採用。同軸型スピーカーと同等の確かな音像定位、豊かな音場を表現。

トゥイーター部には、バイオマス素材のセルロースナノファイバー(CNF)を混抄した振動板を採用した新開発「ワイドレンジドライバー」を搭載し、40kHzまでの広帯域再生を可能に。

ウーファーとのクロスオーバー周波数を750Hzに下げること(従来製品のクロスオーバー:2~3kHz)で、主要な帯域を中央のトゥイーターで再生できるとともに、ウーファー部には、確な低域再生を可能にするアラミド繊維振動板を採用した新開発のユニットを搭載。クリアでにごりの無い音を再生する。

 

「S-PM50(D)」には「ワイドレンジドライバー」に「ウェイブガイド」を採用し、時間軸の特性をコントロールすることで、よりクリアな音質と豊かな音場感を実現。

また、筐体には、ウイスキーの熟成に何十年もの間使用され、木質が固く緻密なホワイトオークの樽材を使用しており、不要な共振が極めて少ないため、豊かな表現力に。

音の回折の影響を抑えるため、バッフル両端をラウンド形状にし、バーチカルツイン方式とあわせて高音質を楽しむことができる。

002%e3%82%aa%e3%83%b3%e3%82%ad%e3%83%a8%e3%83%bc%ef%bc%86%e3%83%91%e3%82%a4%e3%82%aa%e3%83%8b%e3%82%a2%e3%80%8cs-pm50%ef%bc%88d%ef%bc%89%e3%80%8d%e3%80%8cs-pm30%ef%bc%88d%ef%bc%89%e3%80%8d

スピーカースタンド「CP-50(B)」


関連リンク

オンキヨー&パイオニア バーチカルツインスピーカー

あわせて読みたい