”音楽オヤジ”へ綾瀬はるかがインタビュー パナソニック ディーガ新CMに遠藤憲一がサプライズ登場

001%e3%83%87%e3%82%a3%e3%83%bc%e3%82%ac-cm-%e7%b6%be%e7%80%ac%e3%81%af%e3%82%8b%e3%81%8b

パナソニックは、女優・綾瀬はるかと俳優・遠藤憲一を起用した、ブルーレイ/DVDレコーダー「ディーガ」の新CMを11月25日(金)より放映開始する。

また、「ディーガ」特設ページでは、スペシャルムービーやメイキング映像、綾瀬、遠藤への特别インタビューも公開する。

 

「ディーガ」は、番組の録画やブルーレイディスクを見るだけでなく、約2,300枚分の音楽CDがためられて、ミュージックサーバーとして使用することも可能。

そんな「ディーガ」の新しい楽しみ方を伝える今回のCMは、綾瀬がプレゼンテーターとなり、55歳の遠藤を中心に平均年齢54.5歳の25名の音楽好きの“オヤジ”たちが、それぞれの“思い出の一曲”にまつわる熱いエピソードを披露する、筋書き無しのドキュメントCM。

CMソングには吉田拓郎の往年の名曲「流星」を起用し、誰しもが感じたことのある“音楽の力”を思い出させる内容となっている。

002%e3%83%87%e3%82%a3%e3%83%bc%e3%82%ac-cm-%e7%b6%be%e7%80%ac%e3%81%af%e3%82%8b%e3%81%8b

筋書きのない談話形式という、めずらしい形で行われた今回の撮影。

綾瀬はるかは、当時流行していたディスコに話題が及ぶと、「あ、カラーボールがまわるところですか?」と天然っぷりを発揮。

さらに、遠藤たちのナンパの手段であったというチークダンスにチャレンジすると、その距離感に「だいぶいやらしいダンスですね(笑)」と恥ずかしがるシーンもあった。

遠藤は、自身の“思い出の一曲”として交響曲第3番「英雄」を紹介。

高校を中退して始めたという演劇の勉強のため、偶然手に取ったこの曲に「すごく感動してわんわん泣いちゃって。すごいものはすごいんだな、っていうのを感じさせてもらった一曲でした」と、エピソードを披露していた。

▼TVCM

▼Webスペシャルムービー

▼メイキング

▼インタビュー


関連リンク

DIGAとオヤジと音楽と。

あわせて読みたい