4K UHD BD再生対応!マイクロソフト「Xbox One X」11月7日 日本発売 価格49,980円

Xbox One X

マイクロソフトは、新型ゲーム機「Xbox One X」の日本発売を発表。

 

高スペック機が日本にも!

 

動きもサクサク!マイクロソフト「Xbox One X」

Xbox One X Project Scorpio エディション

マイクロソフト「Xbox One X」概要・スペック・価格

  • Xbox Oneの性能を向上した新型上位モデル。
  • 11月7日発売。
  • 発売記念モデルとして、発表時のコードネーム「Project Scorpio」ロゴとドット パターングラデーションを採用した本体、コントローラー、専用縦置きスタンドを同梱した「Xbox One X Project Scorpio エディション」も数量限定販売。

スペック

  • Xbox One、Xbox One Sと互換性を確保しながら性能を向上。
  • 6テラフロップGPU、12GBのGDDR5メモリ容量、2.3GHz8コア カスタムCPU、1TB HDDを搭載。
  • 4K Ultra HD Blu-ray対応の光学ドライブを搭載し、UHD BD再生に対応。
  • Netflix、Amazon、Huluなどの4Kストリーミング映像再生も可能。
  • LAN端子、IEEE 802.11ac無線LANを搭載。
  • サイズ:299×240×60mm
  • 重量:約3.8kg

マイクロソフト「Xbox One X」価格

  • 49,980円(発売記念モデルも同価格)

公式サイト:Xbox One X

 

6月に開催されたゲーム見本市「E3」に合わせ発表されていた、マイクロソフトの新型ゲーム機「Xbox One X」。

 

日本には準備が整い次第導入とされていたが、今回世界発売にあわせた11月7日からの販売が決定した。

 

 

Xbox One Xは、4K解像度でのゲームプレイが可能な高い処理能力を持ちながら、Xbox Oneファミリーとしてゲームやアクセサリとの互換性も維持。

 

Xboxシリーズで最も小さな筐体とし、Xbox One Sの上位モデルとしてラインナップ。

 

4K Ultra HD Blu-ray/DVDに対応した光学ドライブを搭載。UHD BDの再生にも対応。

 

また、各種映像配信サービスの4Kストリーミング再生も可能。

 

冷却システムには、家庭用ゲーム機として初めて高度な液体冷却システムを搭載し、遠心ファンにより空気を吸入・圧縮する事で最小限のノイズで最大の冷却効果を実現。

 

4Kに対応しないディスプレイに映像を表示する際にも、スーパーサンプリング処理を行なうことで高画質な1080p映像を表示。

 

高い処理性能により、ローディング時間も短縮した。

あわせて読みたい