iPhone不要 単体通話も!Apple Watch Series 3 価格3万6800円~ 9月16日予約開始 発売日9月22日

アップルは、スマートウォッチの新モデル「Apple Watch Series3」を発表。

 

待望の進化!

 

70%高速化!Apple「Apple Watch Series 3」

Apple「Apple Watch Series 3」概要・スペック・価格

  • アップルのスマートウォッチ「Apple Watch」の新モデル。
  • 9月16日に予約を開始、発売日は9月22日。
  • 本体は38mmと42mmバージョンを用意。
  • セルラーモデルに、ドコモ、au、ソフトバンクが対応。

スペック

  • 携帯電話回線の通信機能を内蔵したセルラーモデルを設定。
    ウォッチ単体で、通話や音楽のストリーミング再生に対応。
    iPhoneが近くにない場合はシームレスに単独での通信に切り替え。
    電話番号はiPhoneと共通のものが使用できるプランを各キャリアが提供。
  • 防水性能を備え、GPSや心拍センサー、気圧計などを内蔵。
  • アップル製W2チップにより、これまでよりWi-Fi接続85%高速化しながら、消費電力を半減。
    バッテリー持続時間は18時間に。
  • セルラーモデルは、ディスプレイがアンテナとして機能。

Apple「Apple Watch Series 3」価格

  • Apple Watch Series 3アルミケース(GPSモデル)
    38mm:3万6800円、42mm:3万9800円
  • Apple Watch Series 3アルミケース(GPS+セルラー)
    38mm:4万5800円、42mm:4万8800円

公式サイト:Apple Watch Series 3 – Apple(日本)

 

新世代のモバイルデバイスとして、Appleがちからを入れてきた「Apple Watch」。

 

新型となる「Apple Watch Series 3」は、モバイルデバイスとしての完成度をアップするため、要望が多かった携帯通信網に対応するセルラーモデルを用意。

 

これによりiPhoneを常に持ち歩く必要がなくなり、ウォッチのみで通話や音楽配信サービスも利用できるように。

Wi-Fi機能も改善され、接続が85%アップするほか、消費電力は50%削減することで、バッテリー持続時間は18時間と使いやすく。

その他、心拍アプリが新しくなり、より詳しく情報が得られるようになった。

さまざまなブランドとのコラボモデルも用意されるApple Watch Series 3。

 

通信機能により、スマートフォンの利用は通話と音楽がメインという人に、魅力あるスマートデバイスになったね。

あわせて読みたい