ダイヤ超え硬度の振動板!マクセル「Graphene MXH-GD300」イヤホン 価格26,800円

日立マクセルは、イヤホン「Graphene」シリーズの上位モデル「MXH-GD300」を発表。

 

大径で最上級サウンド!

 

超レスポンスにちから強い低音!日立マクセル Graphene「MXH-GD300」

日立マクセル Graphene「MXH-GD300」概要・スペック・価格

  • グラフェンコート振動板を採用した「Graphene」シリーズの上位モデル。
  • 9月15日発売。
  • 昨年発売したGrapheneシリーズ「MXH-GD100」「MXH-GD200」の上位機種として設定。

スペック

  • ダイヤモンド以上に炭素同士の結合が強いグラフェンコート振動板を採用した、新開発13mm径ドライバを搭載。
    軽量なCCAWボイスコイルと組み合わせ、微細な信号の変化にも瞬時に追従する高速レスポンスを実現。
  • 大口径の振動板を活かす大型のバスポートを採用し、量感溢れる低音を再生。
  • ハウジングは、高強度、高比重なステンレス合金と、PC樹脂を組み合わせたハイブリッド仕様を採用。
  • インピーダンス:22Ω
  • 音圧感度:100dB/mW
  • 再生周波数帯域:10Hz~40kHz ハイレゾ対応
  • ケーブルはMMCX端子を採用し、リケーブルに対応。
  • 重量:24g(ケーブル含む)

日立マクセル Graphene「MXH-GD300」価格

  • オープン。店頭予想価格は26,800円。

販売ページ:Amazon | maxell MXH-GD300

 

日立マクセルの上級イヤホンとして展開されている「Graphene」シリーズ。

 

ドライバには、炭素の固体から層を一枚だけ抜き出した炭素素材のグラフェンをPET素材の振動板にコーティングした、グラフェンコート振動板を採用。

 

ダイヤモンド以上の硬度により、ダイナミック型特有の分割振動を抑制し、ひずみを低減。

 

今回上位モデルとして発表された「MXH-GD300」は、これまで発表されていた「MXH-GD100」と「MXH-GD200」に搭載されていた10mmより大径な13mmドライバを新開発。

 

大型のバスポートにより大口径振動板の性能を充分に活かし、CCAWボイスコイルやハイブリッドハウジングと組み合わせることで、全域の空間表現を伸ばしている。

MMCX端子も採用したことでリケーブルにも対応する「MXH-GD300」。

 

グラフェンコート振動板をさらに楽しめる上位機種だ。

あわせて読みたい