新操作系でシリーズ最小!富士フイルム「X-E3」小型ミラーレスカメラ 価格約11万5,000円

富士フイルムは、ミラーレスカメラの新製品「FUJIFILM X-E3」を発表。

 

シリーズ初を満載!

 

Bluetooth新搭載!FUJIFILM X-E3

「FUJIFILM X-E3」概要・スペック・価格

  • 「X-E2」の後継モデルとなるミラーレスカメラの新製品。
  • 9月28日発売。
  • ボディカラーはシルバーとブラックを用意。

特徴

  • Xシリーズで最小最軽量の121.3×73.9×42.7mm、337gに。
  • 十字形のボタンをジョイスティックとタッチパネルでの操作に変更することで、ボディを縮小。
  • グリップ部を持ちやすい形状にし、大きなレンズを装着した際のホールド感をアップ。
  • 背面モニターを4方向にスワイプすることで、機能を呼び出す機能を追加。
  • 撮像素子と画像処理エンジンを、X-Pro2、X-T2、X-T20、X100Fと同等にアップデート。
  • AFのリフレッシュレートを30回/秒に高速化。
  • Xシリーズで初めてタッチパッドAFが利用可能に。
  • Bluetooth LEにXシリーズ初対応。スマートフォンなどに「FUJIFILM Camera Remote」アプリ経由で画像を転送可能。

スペック

  • 撮像素子:23.5mm×15.6mm(APS-Cサイズ)X-Trans CMOS IIIセンサー
  • 有効画素数:約2,430万画素
  • センサークリーニング:圧電素子による超音波方式
  • 感度:ISO200〜12800(標準)、ISO100〜51200(拡張)
  • レンズマウント:FUJIFILM Xマウント
  • 露出補正:-5.0EV〜+5.0EV
  • 最高シャッター速度:1/8,000秒(メカシャッター)、1/32,000秒(電子シャッター)
  • 連写:約8コマ/秒(メカシャッター)、約14コマ/秒(電子シャッター)
  • ファインダー:約236万ドット0.39型有機EL
  • 液晶モニター:約104万ドット3.2型固定式
  • 動画:最大3,840×2,160(4K)29.97p/25p/24p/23.98p 100Mbps
  • 記録メディア:SDXC/SDHC/SDメモリカード(UHS-I/II対応)シングルスロット
  • バッテリー:NP-W126
  • 撮影枚数:約350枚(スタンダードモード)
  • 外形寸法:121.3×73.9×42.7mm
  • 質量:約287g(本体のみ)、約337g(撮影時)

「FUJIFILM X-E3」価格

  • オープン。店頭予想価格は、
    ボディ単体:約11万5,000円
    レンズキット:約15万5,000円

公式サイト:富士フイルム Xシリーズ:FUJIFILM X-E3
販売ページ:Amazon.co.jp: FUJIFILM X-E3

 

X-E1、X-E2に続く、X-Eシリーズの新モデルとして発表された「FUJIFILM X-E3」。

 

製品は、ファインダーをEVFにすることで小型なミラーレスカメラを目指したX-Eシリーズの特徴を引き継ぎ、さらに薄く、軽く。

 

デジタルカメラで定番の十字ボタンを除去し、機能はジョイスティックとタッチパネルでの操作に割り当てることでボディを小型化。

 

それでもグリップ部は持ちやすさを重視した形状とし、サイズの大きいレンズを組み合わせたときの安定感も向上。

撮像素子と画像処理エンジンには、約2,430万画素の「X-Trans CMOS III」センサーと画像処理エンジン「X-Processor Pro」を搭載することで撮影品質をアップ。

 

AFはリフレッシュレートを30回/秒に高速化し、Xシリーズで初めてタッチパッドAFに対応。

 

Bluetooth LEにもXシリーズで初めて対応することで、スマートフォンなどへの画像シェアも簡単になっている。

シリーズ最小のボディとしながら、新機能を満載した「FUJIFILM X-E3」。

 

伸びた個性にわくわくする新モデルだね。

あわせて読みたい