4575万画素+秒間9コマの高速連写!ニコン「D850」35mmフルサイズデジタル一眼レフカメラ 価格約40万円

ニコンは、新型デジタル一眼レフカメラ「D850」を発表。

 

最高の瞬間を最高の画質で!

 

風景撮影シーンをアップデート!ニコン「D850」

ニコン「D850」概要・スペック・価格

  • 2014年7月に発売された「D810」の後継モデルとなるデジタル一眼レフカメラ。
  • 9月8日発売。

スペック

  • 飛行機や鉄道など連写を使用する風景撮影のため、高解像度と連続撮影性能を向上。
  • ニコンのデジタル一眼レフカメラで初めて裏面照射型構造を採用したニコンFXフォーマットCMOSセンサーを搭載。
    有効画素数4575万画素とISO 64-25600を両立。画像処理エンジンに「D5」と同じEXPEED 5を採用。
  • 高画素モデルながら、ボディー単体で最高約7コマ/秒、マルチパワーバッテリーパック MB-D18(別売)使用で約9コマ/秒の高速連続撮影に対応。
  • 4K UHD/30p動画を、FXベースの動画フォーマットフルフレームで撮影可能。
    周辺部まで高い解像力を発揮するNIKKORレンズの、広角レンズや魚眼レンズのワイドな画角や表現力を最大限に活用した映像表現が可能。
  • インターバルタイマー撮影を使うことで、NIKKORレンズの高い解像力との組み合わせで、8Kのタイムラプスムービー用素材(静止画)を撮影。
  • モニターは3.2型・約236万ドットで上180度、下180度のチルトに対応。
    タッチ操作ができ、スマートフォンのようにピンチ操作で拡大・縮小表示、トリミングし新規画像として保存が可能。
  • サイズ:約146×124×78.5mm
  • 重量:915g(本体のみ)

ニコン「D850」価格

  • オープン。店頭予想価格は約40万円。
    ボディ単体のみラインナップ。

公式サイト:D850 | ニコンイメージング

 

内部機構を一から見直したFXフォーマットのミドルクラスモデル「D810」の後継機として発表されたニコン「D850」。

 

新型は、D810の性能をさらに進化させ、高精細な描写と高速連続撮影を両立。

 

画質に妥協せず多くの機能を必要とするプロフォトグラファーから、写真愛好家、メディアクリエイターの表現領域を広げるモデルに。

撮像素子は4,575万画素のニコンFXフォーマット裏面照射型CMOSセンサーを採用。光学ローパスフィルターレス仕様、感度はISO64〜25600とし、D810の3,635万画素、感度はISO64〜12800から向上。

 

風景撮影でも移動物を撮影する機会が多いことに着目し、連写速度はボディー単体で約7コマ/秒。

 

別売のマルチパワーバッテリーパック「MB-D18」を装着することで、約9コマ/秒にアップ。

シャッターユニットには、ニコンデジタル一眼レフカメラで初めてのシャッターカウンターバランサーを搭載。振動を打ち消すことで機構ブレを低減。

 

ボディはマグネシウムを使用し、防塵防滴構造を採用した。

高い連射性能を持たせることで、イメージ通りの高画素撮影を可能にしたニコンD850。

 

あと少し、の瞬間を捕まえられるモデルだね。

あわせて読みたい