削ったあとも桜の花!サンスター文具「さくらさくえんぴつ」価格394円

サンスター文具は、さくらの花をモチーフにした鉛筆「さくらさくえんぴつ」の2017年販売を発表。

 

幸せな春へ。

 

こだわりの塗り重ね。サンスター文具「さくらさくえんぴつ」

サンスター文具「さくらさくえんぴつ」概要・特徴・価格

  • さくらの花をモチーフにした鉛筆。
  • 2017年9月初旬発売。
  • サンスター文具主催の「第20回 文房具アイデアコンテスト」での受賞作品を商品化。

特徴

  • 東京下町にある老舗鉛筆工場の協力のもと、約1年半の歳月をかけ、難しいとされていたさくらの形の鉛筆に。
  • さくらの花を表現するため塗装にもこだわり、白色を3回塗り重ね、その上にピンク色を3回、さらにパール塗装を施すことで、可憐な色合いを実現。
  • ナイフでゆっくりと丁寧に削ると、まるでさくらの花びらのような削りかすに。
  • パッケージ台紙にメッセージなどを書き込めるスペースを設け、プレゼントにも最適に。
  • カラーは、河津桜とソメイヨシノの2色をラインナップ。

サンスター文具「さくらさくえんぴつ」価格

  • 394円

公式サイト:さくらさくえんぴつ

 

アイデアコンテスト受賞作品を商品化し2016年10月に発売、今回2017年の販売も決まったサンスター文具「さくらさくえんぴつ」。

 

製品は、鉛筆の軸を桜のかたちにすることで、ナイフでの削りかすまで桜の花びらに。

 

その色合いを表現するために、塗装工程は白、ピンク、パールと合計7回。

濃いピンクの河津桜と、淡いソメイヨシノの2カラーを用意。

パッケージには贈り物に最適なメッセージスペースを設け、お守りとして筆箱にいれてほしいとした。

アイディアをプラスすることで削りたくなった鉛筆。

 

気持ちが和らぐ文具だね。

あわせて読みたい