暗くても安心!エイサー「パウボ フラッシュ」ペット用ワイヤレスカメラ 価格26,800 円

エイサーは、スマートデバイスで操作するワイヤレスプレイカメラ「パウボ フラッシュ」を発表。

 

どこでも、いつでもペットとコミュニケーション!

 

お留守番中のペットを見守り!エイサー「パウボ フラッシュ」

エイサー「パウボ フラッシュ」概要・スペック・価格

  • ワイヤレスプレイカメラ「パウボプラス」にライト機能を追加した製品。
  • Acer Direct 楽天市場店、Acer Direct Amazon 店、ビックカメラ、ビックカメラ.com、Joshin webなどで発売。
  • オプション品として、赤外線接続型ねこじゃらし「PAWBO Catch(パウボ キャッチ)」を9月下旬以降発売予定。

スペック

  • 前モデル「パウボプラス」の機能をそのままに、自動で輝度調節をする耳型ライトを追加し、周囲を優しく照らすライトで夜のお留守番も安心に。
  • ペットのお留守番が気になったときは、スマートフォンまたはタブレットでチェック。
    広角レンズを採用しているため、部屋の中で遊ぶペットをしっかり見守ることが可能。
    寂しそうなときには、マイクとスピーカーを通じて声をかけることもできる。
  • 高画質(HD [1280×720])の写真や動画で保存し、データのSNSへの投稿にも対応。
  • 搭載されたレーザーポインターを操作し、お留守番中のペットと遊ぶことが可能。操作は手動と自動の2種類。
  • 本体内に、おやつを9回分ストックできる「おやつトレイ」を完備。専用アプリのおやつボタンをタップするとコロコロと出てくる。
  • 最大8台までのデバイスを同時に接続可能。

エイサー「パウボ フラッシュ」価格

  • 26,800 円

公式サイト:Pawbo
販売ページ:Amazon | パウボ フラッシュ

 

外出先からもペットの様子を確認できるカメラとして人気になった、エイサー「パウボ」。

 

新モデルとなる「パウボ フラッシュ」は、ペットの耳をイメージした部分に、自動で輝度調節し優しく照らすことで周囲を確認しやすくするライトを搭載。

 

これまで通り、声でのコミュニケーションやカメラでの撮影、おやつをあげたりが、スマートフォンのアプリからできるように。

オプション品として、ねこじゃらしを操作できる「パウボ キャッチ」の追加も発表された。

さらにペットと一緒にいられるようになった「パウボ フラッシュ」。

 

ペットも心強いデバイスになりそうだね。

あわせて読みたい