漕げる電動バイク!glafit「ハイブリッドバイク GFR-01」価格15万円 スーパーオートバックスにて先行販売

オートバックスセブンとFINE TRADING JAPAN(ファイントレーディングジャパン)は、FTJの運営するブランド「glafit」の新型モビリティ「ハイブリッドバイク GFR-01」の販売を発表。

 

大人気モデルがついに!

 

折りたたみもできる電動バイク!glafit GFR-01

glafit「ハイブリッドバイク GFR-01」概要・スペック・価格

  • 全国のスーパーオートバックス店舗限定で10月2日から先行販売。
  • GFR-01は、見た目は自転車、中身は電動バイクという、それぞれの良いところを備えたハイブリッド型モビリティ。

スペック

  • EVバイク走行・自転車走行に加え、バイクと自転車の両者を掛け合わせたハイブリッド走行が可能。
  • 10円以下の充電コストで約45km走行を実現(充電時間4~5時間)。
  • 工具不要で折りたたみ・組み立て可能な車体のため、コンパクトに持ち運び・保管が可能。
  • 重量は約18kgと、一般的な原動機付きバイクと比較して1/3以下の重さに。
  • 車体の鍵には、指紋認証システム(20人まで登録可能)を搭載し、キーレス・優れた防犯性を実現。
  • 照明類は高効率LEDを採用、省エネかつ長寿命に。
  • スマートフォンへ急速充電可能な2.1A出力のUSBポートや、小物収納に便利な専用バッグなど、さまざまなオプションを用意。
  • カラー:ホワイトツートン、スーパーブラック、ファッションカーキ、ミカンオレンジ

glafit「ハイブリッドバイク GFR-01」価格

  • 15万円

公式サイト:glafitバイク GFR-01

 

国内大手クラウドファンディングサービス「Makuake」にて5月30日より実施したプロジェクトで、資金調達の目標金額であった300万円を開始からわずか3時間で達成。

 

その後も支援額が伸び、7月20日時点での支援総額は1億718万円を突破したglafitの「ハイブリッドバイク GFR-01」。

 

 

今回スーパーオートバックスでの販売も決定した製品は、見た目は一般的な折りたたみ自転車ながら、45kmも走行可能なEVバイクとしての機能を内蔵。

電動アシスト自転車のようにペダルが重くならずペダルを漕ぐだけでも走行可能なほか、アシスト自転車よりもちから強いモーターパワーにペダルを漕ぐちからを加えたハイブリッド走行も可能に。

 

車体の鍵には、指紋認証システムを採用することでセキュリティ性能をアップし、鍵を管理する手間もなくしている。

サイズや使い勝手、価格を手頃に仕上げたglafit GFR-01。

 

バッテリー切れでも心配ない便利さは、さらに広がっていきそうだね。

あわせて読みたい