限定10セットのみ!オンキヨー 桐スピーカー 価格120万円~

オンキヨー&パイオニアマーケティングジャパンは、桐を素材に使用したオンキヨーブランドのスピーカーシステムとスタンドを発表。

 

日本人の感性に響くスピーカー!

 

和楽器の響きを持つコスト度外視スピーカー!オンキヨー 桐スピーカー

オンキヨー 桐スピーカー 概要・スペック・価格

  • 桐素材の単板を組み合わせた積層構造キャビネットを採用した、オンキヨーブランドのスピーカーシステムと専用スピーカースタンド。
  • 最先端のバイオマス素材 CNF(セルロースナノファイバー)を使った振動板を採用し、ピストンモーション時の歪を極限まで低減しつつ、和楽器でも使用されている天然の桐素材の単板を組み合わせた積層構造キャビネットを採用することで、本来の響きを阻害する振動を徹底的にコントロールし、生々しい楽器演奏の様な響きを再現。
  • 専用のスピーカースタンドは、重心支持構造を採用することで不要振動の低減を実現し、スピーカーの持つ自然な響きを更に引き立たせる。
  • チケット購入型クラウドファンディングサイト「未来ショッピング」でのクラウドファンディング(実行確約型)による先行販売を実施。
    募集期間は2017年8月8日~9月30日まで。

オンキヨー 桐スピーカー 価格

  • プラン1:桐スピーカー + アンプ/CDセット + オンキヨースタッフによる設置・接続 セット価格
    130万円 限定5セット
    内容詳細:桐スピーカー本体&専用スタンド各2台、ネットワークレシーバー(R-N855)、CDプレーヤー(C-755)、スピーカーケーブル 3m x 2本
  • プラン2:桐スピーカー セット価格
    120万円 限定5セット
    内容詳細:桐スピーカー本体&専用スタンド各2台

販売ページ:オンキヨー 桐スピーカー | 未来ショッピング

 

自然界の音で風情を感じる日本人の感性に響くスピーカーを作りたいという思いから、コストやマーケティングを度外視したチャレンジングな製品として作られたオンキヨーの新型スピーカー。

 

製品は、ウーファー、ツィーター共に最新のシミュレーションおよび解析技術により超低歪設計を実現し、今まで改善が難しかった動的歪を大幅に改善。

 

ウーファーユニットは、鋼鉄の1/5の軽さで5倍以上の強度という、スピーカーユニットにとって理想的な特性を併せ持った最先端のバイオマス素材CNF (セルロースナノファイバー) に楮と厳選された高緯度地域の針葉樹パルプを配合した新型を開発。

 

自然由来の癖のない素材を用い、さらなる軽量化、高剛性化、高内部ロスを高い次元で実現すべくオンキヨー伝統のノンプレス成形を施した10cmノンプレスONF振動板ウーファーとして搭載。

 

ウーファー振動板表面には、天然素材であるにかわでコーティングし物性を適正化。さらにボイスコイルとの接着部には桐油煙墨をグラデーション含浸し、微小振動の伝達を最適に。

桐素材のキャビネットは、軽量で多孔質な天然の桐素材(クリアーオープンポア仕上げ)を使用することで、高域に著しいエネルギーのない自然な振動を実現。

 

筐体で発生する複雑な分割振動や内部定在波の発生を避け余計な付帯音を極力抑えるため、「Resonance Sculpting Control」テクノロジーを適用した積層構造を採用。

 

さらに側板には和楽器等でも用いられる網状鱗彫りを施し、厚みを連続的に変化させることで筐体内部での反射音を避け、音の濁りを排除することで演奏本来の美しく澄み切った響きを再現。

 

低歪ユニットと音色の表現を活かすため、ネットワークには厳選したパーツを使用し誘導電流を低減する構造を採用。

 

空芯コイルと、低歪ケイ素鋼板コアコイル、そして定評のあるMundorf社製コンデンサーを採用し、繊細な音の表現力や奥行き感を実現した。

専用のスピーカースタンドはタモ材を使用し、オイルフィニッシュ仕上げ(一部に黒檀材使用)を施し、スピーカーシステムの特性を最大限に発揮するために設計。

 

スピーカーシステムの振動モードを解析しスピーカーの自然な振動をそのまま活かすため、重心支持構造を採用しスタンドの存在を感じさせず、スピーカーシステムを自由に自然な音色で鳴らすことができる最適なスタンドになっている。

オーディオブランドとしての探究心から誕生した桐のスピーカー。

 

素朴さが美しいプレミアムモデルだね。

あわせて読みたい