トポロジータイヤフラム採用!HIFIMAN「RE2000」フラッグシップイヤホン 価格18万円

HIFIMAN JAPANは、イヤホンのフラッグシップモデル「RE2000」を発表。

 

独自技術でちから強い高音質!

 

ダイナミックドライバで最高音質を追求!HIFIMAN RE2000

HIFIMAN RE2000 概要・スペック・価格

  • HIFIMANのフラッグシップモデルとなるイヤホン。
  • 8月4日発売。

スペック

  • 振動板に新技術「トポロジータイヤフラム」を採用した9.2mm径ダイナミック型ドライバ1基を搭載。
    振動板の表面に形状、配合物、厚さを調整した特殊な幾何学模様のコーティングを採用し、周波数応答の完璧なコントロールを実現。
    分割振動による歪みを大幅に低減。
  • ハウジングに真鍮素材を使用し、24金のメッキ処理を施すことで表現力の豊かさを向上。
  • ケーブルは着脱に対応。
  • 銀メッキ結晶銅ケーブルを採用。
  • 周波数特性:5Hz~20kHz
  • インピーダンス:60Ω
  • 感度:103dB

HIFIMAN RE2000 価格

  • 18万円
    記念キャンペーンとして8月4日~8月31日の期間中3万円引き。

公式サイト:HIFIMAN

 

HIFIMANの最上級イヤホンとして発表された「RE2000」。

 

製品は、上級イヤホンで採用モデルが多いバランスド・アーマチュア型の反射や屈折での影響を避け、ダイナミック型ドライバを採用。

 

ダイナミック型ドライバの弱点である周波数応答の歪みを抑えるため、振動板には形状、配合物や厚さの違いで音質をコントロールするコーティングを施した「トポロジータイヤフラム」を採用。

 

ハウジングには24金のメッキ処理をした真鍮を使用することで、繊細でもちから強いサウンドを楽しめるように。

銀メッキ結晶銅のケーブルは着脱にも対応している。

独自路線で高音質を追求したHIFIMANの最上級モデルRE2000。

 

気持ちのいい音場を楽しみたいモデルだね。

あわせて読みたい