混信を避けレスポンスUP!「Razer Lancehead」左右対称ゲーミングマウス 価格16,800円

Razerは、左右対称デザインのゲーミングマウス「Razer Lancehead」の日本発売を発表。

 

最高峰の反応!

 

有線マウスとしても!「Razer Lancehead」

「Razer Lancehead」概要・スペック・価格

  • 左右対称デザインを採用したゲーミングマウス。
  • 7月28日発売。
  • 独自の新技術「Adaptive Frequency Technology(AFT / アダプティブ・フリークエンシー・テクノロジー)」により、無線LANやBluetoothなど2.4GHz帯の混信を避け、正確、高速なデータ転送を可能とし、ラグの発生を極限まで抑制。

スペック

  • センサー:True 16,000 DPI 5Gレーザーセンサー
  • 付属ケーブルにより充電のほか、有線マウスとしても利用可能。
  • オムロン社製スイッチをメインボタンに採用し、5,000万回のクリック耐久性と、高速かつ正確なクリック入力を実現。
  • ソフト「Razer Synapse 3」対応により、ボタンの割当やマクロなどを、クラウドもしくはマウス内部メモリーへ保存し、どこでも設定内容を呼び出すことが可能。
  • 「Razer Chroma」により1680万色のカラーパターン設定ができ、他対応デバイス同期イルミネーションにも対応。

「Razer Lancehead」価格

  • 16,800円

公式サイト:Razer Lancehead – Wireless Gaming Mouse

 

ゲーミングデバイスに定評あるRazerの新型ワイヤレスマウス「Lancehead」。

 

製品は新技術「アダプティブ・フリークエンシー・テクノロジー」を採用し、ワイヤレスマウスの通信を妨げる電波との混信を避け、ラグの発生を極限まで小さく。

 

無線マウスとしての軽快さをあげながら、付属するケーブルにより有線マウスとしても利用できるように。

基本性能も磨き、センサーには高解像度のTrue 16,000 DPI 5Gレーザーを採用するほか、耐久力が高いオムロン社製スイッチを搭載。

 

専用ソフト「Razer Synapse 3」により設定したボタンの割当やマクロは、マウス内部メモリーのほかクラウドへの保存にも対応し、マウスを他のPCに接続してもすぐにいつもどおり使うことができる。

Razer製マウスで人気の鮮やかなイルミネーションも利用できる「Lancehead」。

 

左右対称のシンプルなデザインになっていることで、幅広いユーザーが選択できるモデルだね。

あわせて読みたい