4K 360度3D VR撮影を低価格に!ビデオカメラ「Vuze」クラウドファンディング開始

Humaneyes Technologies Ltd.とAniwoは、日本初上陸の3D 360° VR 4K動画が撮影できるビデオカメラ「Vuze」の先行発売プロジェクトを開始。

 

超高性能を一気に手に入れやすく!

 

プロ仕様の性能を一般にも!Humaneyes Technologies「Vuze」

Humaneyes Technologies「Vuze」概要・スペック・価格

  • CES 2017アワードを受賞し、日本初上陸となる3D 360° VR 4K動画が撮影できるビデオカメラ。
  • 先行発売プロジェクトを、クラウドファンディングサービス「Readyfor」にて7月19日より開始。
  • プロジェクトは、8月31日23時までに目標金額100万円に到達しなかった場合、全額支援者に返金になるAll or Nothingの形式で実施。
  • 従来数十万円から数百万円したプロフェッショナル向け360° 3Dビデオを消費者向けに低価格で提供できるよう設計。

スペック

  • 人間の目の間隔で2×4のカメラを配置し、実際の視覚・深度を再現するリアルな立体感のある360° 3D動画の撮影を可能に。
  • 4K (3840×2160ピクセル)、30fps (フレーム/秒)の高品質な動画撮影が可能。
  • 旅行やパーティー、ライブイベントなどのプライベート利用に加えて、VRエンタメコンテンツ、不動産内覧VR、広告コンテンツなどのプロフェッショナルな制作用途への活用も可能。
  • 8つのカメラと4つのマイクで映像と音を360°記録することで、高い没入感を実現。
  • 専用ソフトウェアHumaneyes VR Studioで360°動画のスティッチング、トリミング、ファーストビュー調整、死角設定、カメラ位置のボトムアイコン変更等の編集に便利な専用ソフトウェアVR Studioが5ライセンスまで無料で使用可能。(対応OS:Windows。Mac OSは9月末頃対応予定)
  • スマートフォンとWi-Fi接続することで、遠隔操作とプレビュー、バッテリーや保存容量の残量確認にも対応。
  • カラーは、イエロー、レッド、ブラック、ブルーの4色を用意。
  • バッテリーはフル充電で2時間の撮影ができ、記録媒体はmicroSDで保存容量もフレキシブルに対応可能。

Humaneyes Technologies「Vuze」価格

  • 99,500円(早期申込25%割引価格)
    Vuze日本語公式ページからの早期申込者限定でオプションの三脚とmicroSDカードがセットになった特別割り引きパッケージも発売。

販売ページ:Vuze – Readyfor

 

アメリカで開催される世界最大の家電見本市「CES 2017」でアワードを獲得、世界的に注目されているHumaneyes Technologiesのビデオカメラ「Vuze」。

 

製品は、四方に2基ずつ、計8基搭載された高性能カメラにより、3D 360° VR 4K動画という世界トップレベルの撮影にコンパクトサイズで対応。

高画質な360度の映像のさまざまな編集に対応する専用ソフトウェア「Humaneyes VR Studio」も5ライセンスまで無料利用でき、スマートフォンとWi-Fi連携し手軽にリモート操作やプレビューなども可能な無料スマートフォンアプリも用意されている。

これまでプロ用としてのみ用意され、数十万円から数百万円した性能を、通常価格125,000円、早期割り引きでは99,500円となる「Vuze」。

 

趣味用からビジネスまで、大活躍する新型ビデオカメラだね。

 

▼Vuze撮影動画 ※YouTubeアプリ、対応ブラウザでの視聴で360° VR視聴可能。

あわせて読みたい