「DTS Virtual:X」世界初対応!ヤマハ「YAS-107」「YAS-207」サウンドバー発表

ヤマハ フロントサラウンドシステム 「YAS-107」

ヤマハは、サラウンドシステム「YASシリーズ」の新型「YAS-107」「YAS-207」の2モデルを発表。

高さある3Dサラウンド!

 

TV画面と音が一体化!ヤマハ「YAS-107」「YAS-207」

ヤマハ フロントサラウンドシステム 「YAS-207」

ヤマハ YASシリーズ「YAS-107」「YAS-207」概要・スペック・価格

  • 最新のバーチャル3Dサラウンド技術「DTS Virtual:X」に世界で初めて対応し、4K・HDR映像伝送にも対応したフロントサラウンドシステム。
  • 7月下旬発売。

スペック

  • 「YAS-107」は、スタンドが低い薄型テレビの前に置いても画面を遮ることなく視聴できる、高さ53mmのスリムなワンバーボディを実現。
    ボディのエッジ部分に丸みを持たせ、ファブリックカバーを採用したスタイリッシュなデザインに。
  • 「YAS-207」は、テレビの前に手軽に置ける高さ60mmのスリムなバータイプのセンターユニットと、縦置きにして好きな場所に設置できる細身でスタイリッシュなワイヤレスサブウーファーで構成。
    センターユニットとサブウーファーは同じファブリックカバーによる統一されたデザインに。
  • 本体ボタンにタッチセンサーを装備し、軽く触れるだけで電源や音量などの操作が可能。
  • Ultra HD ブルーレイ規格で規定されたHDR映像や4K/60p 4:4:4映像信号のパススルー、HDCP2.2に対応した1入力/1出力のHDMI端子を装備し、HDMIケーブル1本でテレビ音声を伝送できるオーディオリターンチャンネル(ARC)にも対応。
  • HDMI接続中の対応テレビ・レコーダーと連動して、電源オン/オフ・音量調整・入力切替などが可能なHDMIコントロール機能(リンク機能)も搭載。
  • 最新のバーチャル3Dサラウンド技術「DTS Virtual:X」に世界で初対応し、前方・左右・後方に加え、高さ方向の音場もバーチャルで再現する3Dサラウンドを可能に。
    従来までテレビ画面より下のサウンドバーの位置から聴こえていたセリフが、テレビ画面の位置から聴こえるようになり、セリフとの一体感を向上。
  • Bluetoothに対応し、スマートフォンなどからの音楽再生や専用アプリケーションによる操作等が可能。

ヤマハ YASシリーズ「YAS-107」「YAS-207」価格

  • オープン

公式サイト:ホームシアターパッケージ – ヤマハ

 

薄型テレビの前に手軽に置けるサイズのフロントサラウンドシステムとしたヤマハ「YAS-107」と「YAS-207」。

「YAS-107」は、真円形で優れた音質を実現する5.5cmフルレンジのメイン(フロント)L/Rスピーカー、7.5cm口径の内蔵サブウーファー、2.5cmツイーターによる3ユニット構成をそれぞれ左右に搭載。実用最大出力計120W(非同時駆動)のハイパワーアンプを内蔵し、高効率のバスレフポートも装備することで、スリムなワンバーボディながらクリアで迫力のあるサラウンドに。

「YAS-207」は、本体バータイプのセンターユニットに4.6cm口径の内蔵ウーファー2基と2.5cmツイーター1基をそれぞれ左右に配置し、ワイヤレスサブウーファーに大口径16cmスピーカーを搭載。実用最大出力計200Wのハイパワーアンプを内蔵し、豊かなで広がりのある低音と、クリアな中高音による臨場感のあるサラウンドを可能に。

両モデルとも世界で初めて最新のバーチャル3Dサラウンド技術「DTS Virtual:X」に対応し、前方・左右・後方に加え、高さ方向の音場も再現する3Dサラウンド技術により、映像と一体化したサウンドとした。

4K/60p映像伝送やHDR映像伝送、HDCP2.2に対応したHDMI端子も装備し、テレビ放送だけでなくUltra HDブルーレイなどの高画質なコンテンツを臨場感あふれる音場で再生。

Bluetoothにも対応し、スマートフォンやタブレットなどからのワイヤレス再生や、専用アプリを使用した本体操作ができるようになっている。

高音質に加え、音の聴こえる方向も最新技術でアップしたヤマハのサウンドバー。

もっと映像に入り込めるモデルだね。

あわせて読みたい